シグマ矯正歯科院長ブログ | 前歯矯正に興味のある方はシグマ矯正歯科へ | 東京で前歯矯正をお考えなら

web予約
0120-30-1358
キービジュアル

menu

顎関節症と矯正治療の話

2024年7月9日

こんにちは、シグマ矯正歯科の貞永です。

都知事選も終わり、ネット配信の重要性をあらためて感じたので、このブログもしっかりと発信していこうと思っております。

 

顎関節症とは、顎が痛くてお口を開けられないという疾患です。
矯正治療とは、歯並び噛み合わせの疾患を問題解決することです。

矯正歯科から見た顎関節症

 

顎が痛い→顎がズレるのがおわると痛みが治る→上下の歯列が左右にズレて下顎が後ろに下がってしまう→治療計画とは違った結果になる。

 

予定していた計画が違ってしまうので、矯正歯科の診断と治療だけではなく、顎関節の診断と治療のスキルも矯正歯科専門の歯科医師として必要不可欠であると思っております。

あと、患者様方は矯正治療すれば顎関節も良くなると思っていますが、まず顎関節症を診断して、それを治して初めて矯正治療の診断が可能となるのです。

 

言い換えれば歯列矯正が完治して、リテーナーをしていても、そのあと顎関節症が起これば、歯並び・噛み合わせはズレてしまうということです。

 

現在の顎関節症は対処療法がメインで、根本治療の概念が確立されていないので、それぞれの先生がそれぞれのスキルで診断や治療をしているのが現状です。

矯正治療を始める前に、もしかして発症するかもしれない顎関節症の治療に関してどのように対応してくれるかを聞いてみてから始めるのが良いと思います。

顎位を考えた矯正治療と称して、顎位とは変わらないものとして診断してしまう自信満々の矯正歯科がまだまだ存在しますので、もしお困りの際には、セカンドオピニオンいたしますのでご相談ください。

 

お電話か、ホームページの初診カウンセリングフォームでご予約いただき、解決策をご提示いたします。

 

顎関節症についてはこちらのブログもお読みください。

http://www.sigma-kyousei.net/blogs/archives/191

 

顎関節症が全く怖くない矯正歯科医のシグマ矯正歯科 院長 貞永でございました。

それではまた。

 

 

動かすためのアイシングの話

2024年6月28日

こんにちは、貞永です。

時々近くにある明治神宮に寄ってからシグマ矯正歯科にくるのですが、早朝の代々木の森は清々しく気持ちがいいです。


アイシングのお話追加しました。

 

https://www.sigma-kyousei.net/blogs/archives/259

固定式リテーナーのお話を追加更新しました。

2024年6月24日

こんにちは!

この頃は陽も長くなって午後の7時を過ぎても明るいので、なんかうれしい日々と感じるシグマ矯正歯科の貞永でございます。

みなさまに人気のある固定式リテーナーのお話を過去のブログに追加更新しています。

https://www.sigma-kyousei.net/blogs/archives/177

 

スタッフ歓迎会

2024年6月21日

こんにちは、シグマ矯正歯科の院長 貞永でございます。

 

先週の土曜日に新しく入社したスタッフの歓迎会をにんにく専門店で行いました。

とてもおいしかったです。

http://garlicxgarlic.com/

 

矯正のあとのリテーナーの役割の話

2024年6月13日

こんにちは、シグマ矯正歯科の貞永です!

昨日ドンキで買ったヘアカラー材で自分でやったら髪の毛がビビットなグリーンになってしまったので急いで美容院に行って染め直してもらいましたw

さて!以前のリテーナーのお話

https://www.sigma-kyousei.net/blogs/archives/177

https://www.sigma-kyousei.net/blogs/archives/251

https://www.sigma-kyousei.net/blogs/archives/259

 

でお話しましたがまとめます。

 

  1. リテーナーの役割は歯がズレないように支えておく事のみで、矯正したあとの歯の動揺を止める効果はありません。
  2. 矯正後の歯の動揺を止めるためには、アイシングしかありません。

この2つの役割をご理解いただき、アイシングをやってくれると約1ヶ月で歯の揺れが止まり、リテーナーも夜だけしていただくようになります。(すごく寒い時とかはやりずらいし、沁みたりするのでやってもらえないことが多いですが…)

リテーナーだけ頑張ってやっていてもリテーナーはずっと終わらないということです!

しかし、アイシングをしていただいて歯の動揺がおさまるとちょっとやそっとでは後戻りしないです。

矯正治療をしてお気に入りの歯並びを手に入れた後もキープしていただきたいし、シグマ矯正歯科で矯正したら後戻りしないと言われたらとてもうれしいので、ぜひよろしくお願いします。それではまた。

矯正の費用の話

2024年4月15日

こんにちは、シグマ矯正歯科の貞永です。

4月なのでフレッシュなスタッフを2名採用しました。
診療メンバーの歯科衛生士です。
みなさまよろしくお願いします。

 

さて、矯正の医院をどこでお願いしようかと考えていらっしゃる方が気になるポイントは、

矯正の総額費用がいくらなのか?という事なのではないでしょうか。

シグマ矯正歯科はだいぶ以前から総額制を採用しておりますが、

他の医院さんでは初期費用以外に、通院ごとの費用や、検査費用やリテーナー代金・定期検診費用など合計20万前後必要な場合があります。

比較する場合は、その医院さんでトータルいくらになるのか、わかる範囲で聞いてみてください。

例えば「総額80〜85万円です」のように幅を持たせて教えてくださると思います。

 

その点、シグマ矯正歯科では、明確な総額費用を初診無料カウンセリングの際にご提示させて頂いております。

ぜひ全国で、シグマ矯正歯科での矯正治療を考えてくださっている方は、安心して相談に来ていただきたいです。

それではまた。

スタッフ募集のお知らせ

2024年3月30日

こんにちは!シグマ矯正歯科の貞永です。

募集しているのは、親切で素直な受付スタッフ親切で素直な歯科衛生士です!
スキルや知識や卒業校などのステータスより、気立ての良い方に来ていただきたいです。
応募のお問い合わせは担当者 大串ゆかりまでお願いします。

矯正の診断とは?の話

2024年3月21日

こんにちは!しばらく更新してなかったです。

最近はファミマのレトロプリンを食べるのが楽しみのシグマ矯正歯科の貞永です。

 

初診カウンセリングの時にCTを撮って矯正の分析をして診断結果をグラフにしたものをお見せしているのですが、

これは何を見ているかというお話です。

大きく分けてポイントは3つあります。

 

  1. 骨格の位置が上下でどのような配置になっているか?
  2. 上下の前歯の角度がどのように傾いているのか?
  3. 食いしばりや歯牙接触癖があるのか?

ということです。

まず1つ目の上下の顎の位置関係ですが、これにより出っ歯や受け口の傾向を診ていきます。

 

そして2つ目の歯の角度は、顎の位置関係と関連させて傾きを診断します。

例えば受け口の方は、

歯が傾いて受け口になっているのか?下の骨が前に出過ぎて受け口になっているのか?または上の歯が後ろに傾いて受け口になっているのか?

などを診断することにより治療方針を決めることができます。

 

3つ目はエラの部分の角度や、頭の位置に対して下顎の底辺との角度に知ることにより、この角度が小さいと食いしばりなどの傾向がある、または過去にあったなど知ることができます。

 

このようにしてCTの矯正分析をしてから、その方の現在の状態を踏まえてこれからどうしていくと良い!という診断ができます。

 

初診カウンセリングの時だけではなく、治療と途中で経過を診て今後の方針を決めていくこともしております。

見た感じは治っていても内部はそうでもないところがあってはよくないので、シグマ矯正歯科では根拠に基づいた診断をして治療方針に反映しております。

よって初診無料カウンセリングは時間が2時間ほどかかりますが、

通常1〜2週間かかる前述の診断を当日のうちに行うので的確な診断ができます。

矯正をお考えの方はぜひお越しください。それではまた。

楽器と矯正の話

2024年2月13日

こんにちは、最近は下のローソンで売ってる、6個入りのからあげくんミックスが大好きなシグマ矯正歯科の貞永です。

さて、今日は部活や教養のために、またはプロになるために楽器を演奏される方の矯正のお話です。

 

楽器のために矯正した方がいます。

噛み合わせが反対だったのでトランペットの演奏ですぐに腕がバテてしまうということでした。

矯正した後は最後まで腕がバテてずに演奏できたとご報告いただき、いっしょに喜びを共有したのを覚えています。

 

部活や習い事がある方は先生に聞いてからが良いとは思います。

吹くタイプの楽器の場合は、特に確認してから始めると良いでしょう。

可能であれば矯正を始める前の相談の際に、吹く部分のマウスピースをシグマに持ってきてもらって、邪魔にならないか確認させていただいております。

 

今までプロの演奏者の方で、ただお一人だけ

矯正器具が付いたら吹きにくくなる?矯正で歯の位置が変わったら演奏が変わってしまう?

などの心配で矯正できなかった方がいらっしゃいましたが、ほとんどの方が治療が終わるまでに適応できたし歯並びが良い方が吹きやすいとおっしゃってくださいます。

 

矯正してるから吹奏楽はむずかしいかな、と悩んでる方は演奏する楽器のマウスピースを持って

シグマ矯正歯科の無料カウンセリングにお越しください。確認します。それではまた。

スポーツと矯正の話

2024年1月30日

こんにちは、シグマ矯正歯科の貞永です。

今回は、部活や趣味または職業で、スポーツをなさっている方が矯正歯科治療をする場合のお話です。

 

まず、マウスピースをする格闘技などは歯が動くたびにマウスピースを調整していただければ問題なく使えます。

 

サッカーや野球などマウスピースはしないけれど、ぶつかり合う可能性があるスポーツの場合、おすすめの器具はマウスピース矯正または裏側のワイヤー矯正です。表側のワイヤー特に上顎の場合はスポーツで口元が接触した場合怪我しやすい傾向にあります。

 

他にはスキューバダイビングのボンベのマウスピースですがこちらはその部分だけ持ってきていただいたりして当たらないか確認しておりますが、いままでほとんどの方は全然大丈夫!と仰ってました。

ジムで筋トレをしたい方はその際に食いしばってしまいますが大丈夫ですか?とご質問いただきます。ジム以外の時間に食いしばらなければぜんぜん大丈夫です。

 

以上よくある質問でしたが、もしそれ以外のスポーツで矯正と相性がご心配な方は、どうぞ無料初診に来ていただいた際にその件もお気軽にお伝えください。

確認して正式にお答えいたします。それではまた。

初診個別「無料」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

無料初診カウンセリング

〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-35-3 toDOe代々木6F
JR 代々木駅北口、都営大江戸線 A3 出口(出て左側のビル。1階がローソン

スタッフ スタッフ
フリーダイヤル 0120-30-1358

pagetop