web予約
0120-30-1358
キービジュアル

menu

【東京で見えない矯正】目立たないワイヤーとは?ワイヤーの種類について解説!

東京で見えない矯正をしたい!ワイヤー矯正の方法や目立たないワイヤーの種類とは

近年東京では、目立たないホワイトワイヤーを使った歯列矯正が、「見えない矯正」として人気です。

矯正治療は様々な種類があるため、どのような方法か知ったうえで治療法を選ぶ必要があります。

目立たないワイヤーにも種類がある?

白いクエスチョンマーク

歯列矯正は、ワイヤー矯正と呼ばれる、歯に取り付けたブラケットという装置にワイヤーを通して歯を動かす方法が最も一般的です。

近年、矯正でホワイトワイヤーを使用する方が増えている傾向にあります。

こちらでは、概要や種類について解説します。

ホワイトワイヤーとは

ホワイトワイヤーとは名前のとおり、色が白いワイヤーです。

通常の矯正で使うワイヤーは銀色のため、矯正装置を付けている様子がどうしても目立ってしまいます。ホワイトワイヤーは白色で歯になじみやすく、色が不自然に浮いてしまう心配がありません。歯列矯正の様子が目立ちにくいため、見た目を気にするストレスを抑えられます。

ホワイトワイヤーの種類

ホワイトワイヤーは大きく以下の2種類に分けられます。

  • 白いコーティングをしたワイヤー

    通常の銀色のワイヤーを白くコーティングしたワイヤー。歯磨きなどの刺激によりコーティングが落ちてしまうおそれがある

  • ロジウムコーティングワイヤー

    コーティングに使うと白く見える金属(ロジウム)をコーティングしたワイヤー。光の反射で白く見える。どれだけ擦っても剥がれないホワイトワイヤー。こちらは表面がザラザラしており歯を動かす際に抵抗になり歯科矯正が長期間になりうる恐れがあります。

歯列矯正の期間

通常のワイヤー矯正と同じように治療が進められます。治療期間にも大きな違いはありません。歯を動かして位置を整える動的治療1~2年、治療後の保定期間1~2年となります。

ただし、白いコーティングをしたワイヤーは歯磨きなどで剥がれることがあり、剥がれたコーティングがワイヤーとブラケットの間に詰まると摩擦抵抗が起こり、歯が動きにくくなる(=治療期間が長くなる)ケースがあります。

ロジウムコーティングも同じく、治療効率が下がり、治療期間が長くなってしまうのです。

そういったリスクも考慮し、当院ではホワイトワイヤーを積極的にお奨めしておりません。

どちらの種類を使うかは選べるの?

矯正で使うワイヤーは、クリニックで扱う種類の都合や、医師の判断などによって異なります。2種類のホワイトワイヤーを紹介しましたが、必ずしも希望のワイヤーを使えるとは限りません。クリニックで扱っていない種類である、口内環境的に実施できる治療に限りがあるなどのケースがあります。

ただし、歯列矯正に限らず、歯科治療は患者様の意見を尊重したうえで進めます。患者様が納得できない治療を無理やり進めることはありません。治療法について丁寧に説明し、患者様の希望を実現させるために最大限の努力をします。

使う種類に希望があれば、治療が始まる前に相談・確認すると安心です。

見えない矯正ならシグマ矯正歯科へ

シグマ矯正歯科は目立たない・見えない矯正を可能にする、3つの矯正装置を扱っております。患者様の希望や条件に合わせて、適切な矯正装置を利用します。矯正装置が目立ってしまう心配が小さく、特に矯正の見た目を気にする方におすすめの方法です。

歯列矯正は治療の種類や期間を押さえたうえで治療法を選ぶことが大切

矯正をしている白い歯

歯列矯正はワイヤー矯正という方法が最も一般的です。通常の矯正で使うワイヤーは銀色で、どうしても目立ってしまいます。

そのため近年は、通常のワイヤーをコーティングして白くしたホワイトワイヤーを利用する方が増加傾向にあります。白色で歯になじみやすいため、見た目を気にするストレスを最小限に抑えられます。

ホワイトワイヤーは白くする方法によって2種類に分けられます。

基本的には通常のワイヤー矯正と同じ進め方であり、治療期間にも大きな違いはありません。ただしホワイトワイヤーの中でも白くコーティングしたワイヤーは、コーティングが剥がれることにより、治療期間が長くなるケースがあります。

使うワイヤーの種類に希望があれば、治療が始まる前に相談・確認すると安心です。

シグマ矯正歯科では、目立たない・見えない矯正を可能にする矯正装置を複数扱っております。患者様に合わせた適切な矯正装置を使用します。

「ブライダルプラン」「就活プラン」など、それぞれの生活に合った矯正方法をご提案いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

東京・新宿で見えない矯正の裏側矯正を知りたい方へ

東京でリンガル矯正の見えない矯正をお考えの方はシグマ矯正歯科へ

医院名 シグマ矯正歯科
院長名 貞永 嘉浩
住所 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1丁目35−3 toDOe代々木6F
JR 代々木駅北口、都営大江戸線 A3 出口(出て左側のビル。1階がローソンです。)
TEL 0120-30-1358
診療時間 11:00 ~ 19:00 ※土曜日の診療は10:00~17:00となります。
休診日 水・日・祝
最寄駅 「代々木駅」徒歩1分
URL https://www.sigma-kyousei.net/

初診個別「無料」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

0120-30-1358

24時間WEB予約

〒151-0053
東京都渋谷区代々木1-35-3
toDOe代々木6F

〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-35-3 toDOe代々木6F
JR 代々木駅北口、都営大江戸線 A3 出口(出て左側のビル。1階がローソン

スタッフ スタッフ
フリーダイヤル 0120-30-1358

pagetop