mail相談 web予約
0120-30-1358
キービジュアル

menu

【東京で裏側矯正】内側からの矯正と裏側からの部分矯正の違い

東京で歯の矯正をしたい方必見!内側からと裏側からの部分矯正の違いとは

歯の矯正をしたいけれど、ワイヤーの見た目が気になるという方も多いかもしれません。裏側矯正であれば目立たずに歯列矯正が可能です。

東京で内側、部分矯正を検討している方はぜひ参考にしてください。

表側矯正と裏側からの部分矯正の見た目以外の違い

上歯の矯正

歯の矯正というと、歯の表面に金具をつける表側矯正を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。近年は、裏側から矯正する治療法を選ぶ方も増えてきています。裏側矯正のメリットとデメリットをよく理解しておきましょう。

まずメリットとして挙げられるのが、見た目では矯正していることがわからないという点ですが、その他のメリットは以下のとおりです。

虫歯になりにくい?

裏側矯正は、虫歯になりにくい面もあります。歯の内側には常に唾液があり、殺菌作用によって虫歯菌の増殖を抑えます。

その反面磨きにくいので磨き残しによる歯肉の炎症などを起こしやすいという面もあります。

食事中や笑うときに気を遣わなくて済む

表側矯正の場合、口を開いたときに金具が見えるため、その見た目を気にする方が少なくありません。また、何か食べているときにものが詰まりやすく、口を開けるのが恥ずかしくなってしまうこともあるかと思います。

しかし、裏側矯正であれば金具が目立たないため、口を開けることに対しての抵抗感が少なくなります。

舌突出癖防止

何か食べたり話したりしていなくても、舌の筋肉は無意識のうちに使っています。特に出っ歯や開咬(かいこう)の方は、常に舌で前歯を押している状態です。しかし、裏側矯正では歯の裏に金具がついているので、金具が邪魔をして舌で直接歯を押すことが簡単ではなくなります。裏側矯正は歯並びをよくするだけでなく、舌突出癖の防止にもなります。

上記のメリットは裏側矯正特有のものですが、表側矯正のメリットもあります。例えば、裏側矯正に比べると比較的歯磨きがしやすい、舌の邪魔にならないといった点です。どちらも見た目以外にも違いがあるため、治療法を選ぶ際は比較してみましょう。自分の生活スタイルや口腔内の状態に合った適切な治療法を選ぶことが大切です。

次に裏側矯正のデメリットです。裏側であるがゆえに不便なこともあるのでみていきます。

舌に違和感

どうしても金具に舌が当たり、その感覚が気になってまた舌で触ってしまうということを繰り返してしまいがちです。そのため、舌が傷ついてヒリヒリしてしまったり、口内炎ができてしまったりすることもあります。1~2週間程度で慣れてきますが、それまではあまり舌で触らないようにしましょう。

歯磨きがうまくできない

裏側矯正は虫歯になりにくいということに触れましたが、歯磨きを怠ると虫歯や歯肉炎になる可能性はあるため油断は禁物です。できることは限られていますが、無理せず丁寧に歯磨きをすることを心掛けましょう。

食べづらい

これは表側矯正でも同じことですが、食べ物が金具に引っかかって食べづらくなります。間違えて舌や頬を噛んでしまうこともあるため、ゆっくり余裕を持って食べるように心掛けましょう。

発音がしづらい

日本語では、舌を歯の内側にあてることで発音する言葉もたくさんあります。そのため、歯列矯正をすると金具が邪魔をしてうまく発音できないことがあります。大体1~2カ月ぐらいで慣れてきますが、それでも違和感は残るかもしれません。

しかし、聞き取れないほどではないため、矯正が終わるまでの間は我慢が必要です。

費用が高い

裏側矯正は表側矯正に比べると費用が高い傾向にあります。歯の裏側というのは、表側に比べると凸凹しているため、その方に合わせた器具を作る必要があります。

そのため、技術力と制作時間も必要なことから、費用が高額になってしまいます。

歯の内側を矯正するメリットを理解し裏側矯正のご検討を!

歯の矯正の内側部分

歯並びや口元の見た目で悩む方は、歯列矯正をおすすめします。

しかし、歯列矯正は、矯正器具が見えるため、その見た目を気にする方が多いかもしれません。見た目で目立たず、歯列矯正を検討するのであれば、裏側矯正という治療法を選ぶのをおすすめします。

裏側矯正のメリットは、見た目を気にする必要がなく虫歯になりにくいという点です。しかし、舌が当たる内側に矯正器具があるため、話しづらかったり舌に傷がついて痛みが出たりするデメリットもあります。また、表側矯正よりも費用が高めだという点も確認しておきましょう。

歯列矯正には時間がかかりますが、治療後には、歯並びや口元の見た目を気にせずに生活できるようになります。歯並びが整うことで、歯磨きもしやすくなるため口腔内の健康維持も容易になります。

表側矯正もそうですが、特に裏側矯正には歯科医の高い技術を要します。東京で歯列矯正、裏側矯正や部分矯正を検討している方は、シグマ矯正歯科をご利用ください。口腔内の環境は人それぞれ異なります。一人ひとりに合った治療法を提案し、丁寧な診察と治療を行います。

歯並びや口元の見た目でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

東京・新宿で見えない矯正の裏側矯正を知りたい方へ

東京で八重歯の裏側矯正をお考えの方はシグマ矯正歯科へ

医院名 シグマ矯正歯科
院長名 貞永 嘉浩
住所 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1丁目35−3 toDOe代々木6F
JR 代々木駅北口、都営大江戸線 A3 出口(出て左側のビル。1階がローソンです。)
TEL 0120-30-1358
診療時間 11:00 ~ 19:00 ※土曜日の診療は10:00~17:00となります。
休診日 水・日・祝
最寄駅 「代々木駅」徒歩1分
URL https://www.sigma-kyousei.net/

初診個別「無料」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

0120-30-1358

24時間WEB予約 メール相談

〒151-0053
東京都渋谷区代々木1-35-3
toDOe代々木6F

〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-35-3 toDOe代々木6F
JR 代々木駅北口、都営大江戸線 A3 出口(出て左側のビル。1階がローソン

スタッフ スタッフ
フリーダイヤル 0120-30-1358

pagetop