mail相談 web予約
0120-30-1358
キービジュアル

menu

矯正後に後戻りする理由・かみ合わせとの関係・対策ポイント・歯の変化とは

歯列矯正が終わった後で歯並びが元に戻ってしまう「後戻り」は、実は誰にでも起こりうる現象です。今回は、後戻りしてしまう理由と対策ポイントを解説します。併せて、歯の変化についても解説しますので、後戻りについて正しく知ったうえで安心して矯正治療を受けましょう。

矯正後に後戻りする理由とは?

マウスピースを持つ手

せっかく歯列矯正が終わって歯並びがきれいになっても、また元に戻ってしまうことがあり、これを「後戻り」と言います。矯正後に後戻りしてしまうのは、2つの理由があります。後戻りする理由2つを説明します。

1.不十分なリテーナー

歯列矯正では、歯を動かす治療が完了すると、次はきれいな歯並びを維持するために、リテーナー(保定装置)を装着します。保定装置は歯科医院で装着するタイプと、自分で取り外しができるマウスピースのものがあり、装着を怠ると後戻りをしてしまいます。

2.態癖(たいへき)

態癖とは、歯並びを悪くしてしまう習慣のことを言います。口呼吸や舌の癖、頬杖やうつぶせ寝などが挙げられます。態癖を行うと継続して力が加わり、歯が動いてしまいます。意外に思われるかもしれませんが、態癖で加わる力は、矯正装置の数倍はあると言われています。

シグマ矯正歯科では、ほかの歯科医院で矯正をして後戻りしてしまった方の治療も多数行っております。後戻りした歯の矯正は、ぜひシグマ矯正歯科にご相談ください。

噛み合わせと矯正後の後戻りの関係

矯正後の後戻りは、主にリテーナーをきちんと装着しないことが原因と言われていますが、実は噛み合わせにも関係があります。奥歯の噛み合わせがしっかりとできていない場合や、噛む力が極端に弱い場合にも、後戻りをしてしまうのです。これは、噛み合わせが安定していないことが原因となっています。

噛み合わせに問題があった方は、正しく噛む、ということに慣れていません。慣れていない歯で噛もうとしても、正常な力が入らない場合があります。歯列矯正を行って、正しい噛み合わせができる歯並びになったら、まずは正しく噛む練習をしましょう。正しく噛むことが、後戻りを防ぐことにつながります。

シグマ矯正歯科では、リーズナブルな後戻り矯正を行っております。後戻りでお困りの方は、ぜひシグマ矯正歯科にご相談ください。

矯正後に後戻りしないようにする4つのポイント

立てた人差し指とポイントの文字

せっかく矯正が終了してきれいな歯並びになっても、後戻りしてしまうと残念な気持ちでいっぱいになります。そのような悲しい思いをしないために、後戻りを防ぐポイントを知っておくことが大切です。では、矯正後に後戻りしないようにするポイントを、4つご紹介します。

1.治療計画

矯正治療をどのように進めていくのかという治療計画は、歯科医師によって異なります。同じ状態の歯並びでも、抜歯の有無や矯正での歯の移動のさせ方など、様々な方法があります。この治療計画も後戻りに関係しているので、矯正歯科での治療が安心です。

2.リテーナーの装着

歯列矯正では、歯を動かす治療が完了すると、歯の場所を安定させ維持させるために、リテーナーという保定装置を使います。しかし、リテーナーは自分で取り外すことが可能なので、頑張れるかどうかは自分次第となってしまうのです。リテーナーにはマウスピースのタイプがあり、矯正にマウスピースを使った方が違和感なく装着できます。

3.態癖をやめる

歯並びを悪くしてしまう、口呼吸やうつぶせ寝、くいしばりなどの態癖をやめましょう。態癖は、無意識の間に行ってしまうことがほとんどなので、意識して生活するように心がけてください。

4.早期対応

矯正後に後戻りを感じた場合には、すぐに矯正治療を行った歯科医院に行きましょう。もう矯正はやりたくない、また費用がかかってしまう、という理由で行かない方が多いようですが、早ければ早いほど治療の期間も短くて済みますし、費用も通常の歯科治療とほとんど変わらない金額で済む場合も多いです。まずは歯科医師に相談してみましょう。

シグマ矯正歯科では、後戻りしない治療計画のもと、矯正治療を行っております。後戻りしない歯列矯正をご希望される場合は、ぜひ治療実績多数のシグマ矯正歯科にお越しください。

【矯正後の後戻り】歯は一生変化し続けている

歯の位置は、固定されているイメージがあるかもしれません。しかし、歯は一生変化を続けています。変化するからこそ、位置を動かす歯列矯正が可能なのです。

矯正が終了したばかりだと、まだ根の周辺の骨が不安定な状態で、きちんと固定されていません。そのため、矯正前の習慣で顎を動かすことで、後戻りが起きてしまいます。矯正後の歯の位置に安定するまでは、特に気をつけましょう。

シグマ矯正歯科では、後戻りしにくい治療計画で歯列矯正を行っております。歯列矯正をご検討されている方は、シグマ矯正歯科のカウンセリングをご利用ください。

後戻りなど矯正歯科での治療をお考えならシグマ矯正歯科へ

長期間の矯正治療が終わりホッとしたのも束の間、元に戻ってしまうのは悪夢のようです。恐怖の後戻りも、なぜそのようなことが起きるのか、理由や原因を知っておけば、防ぐことが可能です。また、既に後戻りしてしまったという方は、早めに歯科医院へご相談ください。

代々木にあるシグマ矯正歯科では、後戻りしない矯正治療を行っております。歯列矯正をご検討している場合は、シグマ矯正歯科にお任せください。

後戻りなど矯正歯科での治療をお考えの方はシグマ矯正歯科へ

医院名 シグマ矯正歯科
院長名 貞永 嘉浩
住所 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1丁目35−3 toDOe代々木6F
TEL 0120-30-1358
診療時間 11:00 ~ 19:00 ※土曜日の診療は10:00~17:00となります。
休診日 水・日・祝
最寄駅 大江戸線、JR共に代々木駅北口を出て左のビル
URL https://www.sigma-kyousei.net/

初診個別「無料」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

0120-30-1358

24時間WEB予約 メール相談

〒151-0053
東京都渋谷区代々木1-35-3
toDOe代々木6F

〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-35-3 toDOe代々木6F
JR 代々木駅北口、都営大江戸線 A3 出口(出て左側のビル。1階がローソン

スタッフ スタッフ
フリーダイヤル 0120-30-1358

pagetop