フリーダイヤル:0120-30-1358

  • web予約
  • メール相談

キービジュアル

早めの対処が重要な歯ぎしり!原因と引き起こされるリスクをご紹介

歯ぎしりは自分では自覚しづらく、家族など周囲から指摘されて気づいたというケースが多いです。起床した際に歯に痛みがある、顎が疲れている気がする、集中すると無意識に歯を食いしばるなどの経験がある場合、歯ぎしりをしているかもしれません。

歯ぎしりの原因

歯ぎしりの原因

歯ぎしりには種類があります。例えば、グラインディングは一般的にイメージされる歯ぎしりで、上下の歯を擦り合わせてギリギリと嫌な音を立てるタイプです。また、音は出ないものの、上下の歯を強く噛みしめるクレンチングも歯ぎしりに該当します。

これら歯ぎしりは何が原因で起こるのでしょうか。実は歯ぎしりの原因は解明されていない部分もあり、はっきりとは言えません。しかし、ストレスや噛み合わせなどが関係していると考えられています。

主にストレスが歯ぎしりの大きな要因とされますが、噛み合わせにも注意が必要です。噛み合わせが悪いと特定の歯や詰め物などがぶつかり、歯ぎしりが起こりやすくなるのです。

歯ぎしりが原因で考えられるリスク

歯ぎしりが原因で考えられるリスク

歯ぎしりが原因で考えられるリスクには、どのようなものがあるのでしょうか。

歯ぎしりによって大きな力が加わると、歯が削れたり折れたりします。また、肩こりや頭痛などを引き起こす可能性もあるといわれています。さらに、顎や関節への負担による顎関節症や睡眠障害なども懸念されます。

様々なリスクを秘める歯ぎしりを放置するのはよくありません。ストレスを溜めないようにする、生活習慣を見直すなど、早めに対処することが重要です。噛み合わせの対処法としては、矯正歯科での前歯矯正やマウスピース型の矯正歯科装置を装着するなどの矯正が挙げられます。

歯ぎしりは睡眠の質に影響を与え、心身の健康状態が不安定になるおそれがあります。「噛み合わせが歯ぎしりの原因かも…」とお悩みの際は、前歯矯正やマウスピース型の矯正歯科装置などを検討してみませんか。シグマ矯正歯科では患者様一人ひとりのお口の状態に合わせて、歯列矯正をご提案しています。前歯矯正やマウスピース型矯正の内容、治療の期間・流れ、実績など、気になることがありましたら気軽にお問い合わせください。

前歯矯正に関するご相談は東京のシグマ矯正歯科へ

医院名 シグマ矯正歯科
院長名 貞永 嘉浩
住所 〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1丁目24−1 第3グロビスビル3F
TEL 0120-30-1358
診療時間 11:00 ~ 19:00 ※土曜日の診療は 10:00~17:00 となります。
休診日 水・日・祝
最寄駅 「巣鴨駅」から徒歩3分
URL https://www.sigma-kyousei.net/

初診個別無料相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。 ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • web予約
  • メール相談

電話での問い合わせ

電話0120-30-1358

医院の住所

〒170-0002
東京都豊島区巣鴨1丁目24−1 第3グロビスビル3F

診療時間
11:00 ~ 19:00 --
10:00 ~ 17:00 -----
休診日 日曜日・水曜日/祝日

※土曜日の診療は 10:00~17:00 となります。

このページの先頭に戻る