mail相談 web予約
0120-30-1358
キービジュアル

menu

【すきっ歯の矯正治療】治療すべきタイミングや前歯に隙間があく原因とは

昔は歯並びが良かったのに、年齢を重ねるにつれてすきっ歯になってきた、という方もいるのではないでしょうか。すきっ歯になると、見た目だけでなく機能的な問題が生じてしまいます。本記事では、すきっ歯が及ぼす影響、治療のタイミングや期間、隙間が開く原因などを、矯正治療を行うシグマ矯正歯科がご紹介します。

すきっ歯とは?すきっ歯が及ぼす5つの悪影響

口を押さえる女性

すきっ歯とは、歯と歯の間に隙間がある状態のことです。すきっ歯が及ぼす悪影響は主に5つあります。

1.虫歯のリスクが高まる

すきっ歯だと歯と歯の間に食べカスが入り込みやすく溜まりやすいため、虫歯のリスクが高まります。

2.口臭の原因になる

歯と歯の間に蓄積した汚れがケアできていないと、口の中で菌が繁殖して口臭の原因となります。

3.歯周病のリスクが高まる

虫歯になりやすい状態ということは、歯周病のリスクも同時に高まります。歯周病とは、顎の骨を溶かす怖い病気で、歯を失う原因にもなります。

4.消化器官に負担がかかりやすい

すきっ歯だと歯でうまく食べ物が噛めず、そのまま飲み込むと胃や腸などの消化器官にも負担がかかります。

5.発音しにくい

歯と歯の間に隙間があり、発声の際に空気が逃げてしまうため、さ行・た行の発音が不明瞭になりやすいと言えます。

シグマ矯正歯科は、最新の構造医学を取り入れた後戻りしない矯正治療を得意としている歯科医院です。明朗会計が特徴で、治療前に矯正治療でかかる総額を提示し、治療期間が延びても追加費用は発生しないため、安心して治療を受けていただけます。すきっ歯を治したい、安心して矯正治療が受けられる歯科医院を探しているという方は、ぜひシグマ矯正歯科までご相談ください。

すきっ歯の矯正治療を検討する3つのタイミング

すきっ歯は、小学生・中学生の間は自然と閉鎖する可能性があるため、高校生以上になったタイミングで矯正するのが良いとされています。すきっ歯の矯正を検討するタイミングとして多いのは、以下の3つです。

1.結婚式の前

人生で1番の晴れ舞台である結婚式では、一生の思い出になる写真をたくさん撮影します。すきっ歯では、自然な笑顔が出せない、すきっ歯の写真が残るのは嫌だという理由から治療をする方が多いようです。

2.就職活動の前

就活では、見た目の印象も重要です。すきっ歯かどうかでイメージが変わるだけでなく、喋る際の発音にも影響してしまいます。すきっ歯ではなくなると息漏れがなくなり、発音も明瞭になるでしょう。

3.人に指摘をされた

自分自身ですきっ歯であることにコンプレックスを持っていても、人に指摘をされると尚更気になってしまいます。指摘されたことで相手にすきっ歯を見られているのではないかと気になり上手く会話ができなくなる、隠すために自信をもって笑えなくなるなど、コミュニケーションの弊害も出てきます。

すきっ歯の治療は、ある程度継続して効果が出るものです。まずは早めに相談しましょう。シグマ矯正歯科は、すきっ歯の矯正治療をはじめ、8,000症例以上の矯正治療の実績がある矯正歯科です。矯正治療を受けたい、後戻りしにくい矯正治療を探しているという方は、シグマ矯正歯科までお気軽にご相談ください。

すきっ歯の矯正に必要な治療期間と費用

カレンダーの上に置かれた歯列模型

すきっ歯の治療期間と費用をご紹介します。

治療期間

すきっ歯の治療は、前歯だけの部分矯正なら1年以内で矯正が可能です。ただし、歯のサイズが大きい場合は大きな歯を小さくする必要があります。

費用

外から見えない裏側矯正での治療も可能で、費用はおよそ50万円程度(当院では20万円程度)からです。ただし、前歯だけの部分矯正では矯正しきれない場合、全体的な矯正治療が必要となり、総額も倍近くになります。

まずはどの程度の矯正治療が必要か、歯科でカウンセリングを受けましょう。シグマ矯正歯科は、口だけでなく全身の骨格バランスを考えた矯正を行っているため、治療後の後戻り防止や治療期間の短縮が期待できます。

痛くない・早い・目立たないを基本とした治療スタイルのため、矯正治療を受けている間の装置が気になる、歯を動かすときの痛みが不安という場合でも安心です。矯正治療の実績が豊富な歯科医院をお探しなら、ぜひシグマ矯正歯科にご来院ください。初回の相談は無料で対応しています。

前歯に隙間があく6つの原因

前歯に隙間ができる、隙間が広がる原因は以下の6つです。

1.歯周病

歯周病になると、歯の根元を支えている顎の骨が溶けてしまいます。歯茎が下がって歯が大きく露出することで、歯の根元近くに隙間ができます。すきっ歯という見た目の問題だけでなく、歯の寿命にもつながる病気です。早急な治療を行いましょう。

2.舌癖

無意識のうちに舌で歯を押す癖がある場合、歯に内側から継続的に力が加わるため、前歯が前方に傾いて隙間ができます。舌を出したとき、舌の縁にガタガタした跡が残っている方は舌癖がある可能性があります。

3.歯の脱落

歯は、お互いが常に押し合いながら今の位置をキープしています。虫歯や歯周病などで歯を失うと、手前の歯がどんどん奥に動き、前歯の隙間が広がります。歯を失ったまま放置しておくと歯並びの悪化にもつながるため、失った歯の代わりとなるものを差し込む治療を受けましょう。

4.歯ぎしり

歯ぎしりで歯を動かすことがあります。寝ている間に歯ぎしりをする癖がある方は、マウスピース治療で歯にかかる負担を軽減させましょう。

5.親知らずの出現

スペースが狭いところに親知らずが生えると、生える場所を作ろうと歯が移動し、そのしわ寄せが前歯にまで及んで隙間ができます。治療のためには親知らずを抜歯する必要があります。

6.爪楊枝の継続的な使用

歯と歯の間に食べカスが詰まった際、いつも爪楊枝を使って取っていると隙間が広がります。たまに使用する程度なら問題ありませんが、継続的な使用は避けましょう。もし食べ物のカスが詰まって気になるときは、口をゆすぐか歯磨きをして取るようにしてください。

シグマ矯正歯科では、全体の矯正治療から、すきっ歯だけ、出っ歯だけなどピンポイントで歯並びを整える部分矯正も行っています。痛みの少ない矯正をご提案いたしますので、歯を動かすときの痛みが不安という方にも安心です。短期スピード矯正・マウスピース矯正など様々な矯正治療が可能です。

すきっ歯の矯正治療をご希望ならシグマ矯正歯科へ

矯正治療にも様々な方法がありますが、すきっ歯の治療だけであれば部分的な矯正治療も可能です。部分矯正なら、比較的短期間で歯並びを整えることができます。ただし、すきっ歯以外に治すべき部分が見つかった場合は、治療期間が長くなることもあるので注意しましょう。

結婚式の前、就職活動の前だけでなく、成人式の前などのタイミングで治療を受ける方も多くいらっしゃいます。まずは歯科でどんな治療が必要か、どれぐらいの期間・費用がかかるのかを相談してみましょう。

シグマ矯正歯科では、すきっ歯の矯正治療も行っています。構造医学を用いた矯正治療で、8,000症例以上の実績がある歯科医院です。すきっ歯の治療をしたい、歯並びが気になるからチェックしてもらいたいとお考えの方がいらっしゃいましたら、シグマ矯正歯科にご来院ください。

すきっ歯の矯正治療をお考えの方はシグマ矯正歯科へ

医院名 シグマ矯正歯科
院長名 貞永 嘉浩
住所 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1丁目35−3 toDOe代々木6F
TEL 0120-30-1358
診療時間 11:00 ~ 19:00 ※土曜日の診療は10:00~17:00となります。
休診日 水・日・祝
最寄駅 大江戸線、JR共に代々木駅北口を出て左のビル
URL https://www.sigma-kyousei.net/

初診個別「無料」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

0120-30-1358

24時間WEB予約 メール相談

〒151-0053
東京都渋谷区代々木1-35-3
toDOe代々木6F

〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-35-3 toDOe代々木6F
JR 代々木駅北口、都営大江戸線 A3 出口(出て左側のビル。1階がローソン

スタッフ スタッフ
フリーダイヤル 0120-30-1358

pagetop