mail相談 web予約
0120-30-1358
キービジュアル

menu

マウスピース型矯正なら!過蓋咬合とは?原因やリスク・矯正治療の目的を解説

過蓋咬合とは、必要以上に噛み合わせが深くなっている状態で、不正咬合の一つです。過蓋咬合は矯正治療で改善できるケースも少なくありません。通常のブラケットを使用した矯正治療以外に、マウスピース型の矯正治療でも対応可能です。

この記事では、過蓋咬合の原因やリスクなどについて、マウスピース型の矯正治療を得意とするシグマ矯正歯科がご紹介します。

過蓋咬合とは?

矯正装置を付けた子供

過蓋咬合とは、正面から下の歯が見えないほど上の前歯が深くかぶさっている、深い噛み合わせのことです。ディープバイトと呼ばれることもあり、笑ったときに上の歯茎が見えるガミースマイルの方が多いのも特徴の不正咬合です。

噛み合わせが深すぎるため、下の前歯が上の前歯の内側の歯茎を傷つけるリスクもあります。過蓋咬合は、子供と大人で治療法が異なります。

子供の場合

成長過程の顎の骨をコントロールし、改善を目指します。機能的矯正装置・咬合斜面板などの矯正装置を使用し、噛み合わせを浅くする治療を行います。

大人の場合

ワイヤーを使った矯正装置やマウスピース型の矯正装置を使用し、深い噛み合わせの改善を目指します。ガミースマイルの方には、歯科矯正用のアンカースクリューを使用することもあります。

シグマ矯正歯科は、過蓋咬合をはじめとする様々な矯正治療に対応しています。構造医学(骨格矯正)を取り入れ、後戻りしない矯正治療を得意としている矯正歯科です。 費用の総額を治療前に提示しており、治療期間が延びても追加料金はかかりません。過蓋咬合をはじめとする歯並び・噛み合わせの治療をしたい、目立たない矯正治療を希望しているという方は、ぜひシグマ矯正歯科へご来院ください。

過蓋咬合の原因とは?

過蓋咬合の原因は、人によって様々です。考えられる原因は以下のとおりです。

  • 上下の顎の骨のバランスが悪いまま成長した
  • 顎関節に異常がある
  • 上の前歯の伸びすぎ
  • 奥歯を虫歯や事故で失った
  • 歯ぎしりや食いしばりの悪い癖が長く続いた

原因は生まれつきのほか、習慣や成長にともなって発生するケースも少なくありません。放置によるリスクもあるため、早い段階で治療を開始することが大切です。定期検診などをしっかり受け、過蓋咬合の指摘があればなるべく早めに原因を取り除きましょう。

シグマ矯正歯科では、目立たない・見えない装置を使ったマウスピース型矯正治療を得意としています。構造医学を取り入れて全身の骨格バランスを考えているため、後戻りしにくい矯正治療が可能です。過蓋咬合にお悩みの方、きれいな歯並びを手に入れたいとお考えの方は、ぜひシグマ矯正歯科までご相談ください。

過蓋咬合は治療で改善できる?リスクは?

過蓋咬合になると、歯や歯茎に大きな負担がかかります。また、さらに噛み合わせが深くなって過蓋咬合が悪化することもあります。さらに、下顎の動きが制限されるため、顎関節への負担も増えて顎関節症を発症するリスクも高まってしまうのです。そんな過蓋咬合の多くは、治療で改善することができます。

状態によって必要になる治療の種類も様々で、実際に状態を見てから治療法を決定するのですが、多くの場合は矯正治療を受けることで改善します。過蓋咬合は不正咬合の一つです。まずは噛み合わせの改善から始めましょう。

  • 状態が悪く、噛み合わせを改善しただけでは過蓋咬合が治らないと判断される
  • 過蓋咬合によって口腔内で何らかの問題が発生している

このような場合、外科手術での治療が必要となる可能性もあります。

シグマ矯正歯科では、7000症例以上の矯正治療を行ってきました。確かな実績があり、痛くない・早い・目立たないという最新矯正システムを基本とした治療スタイルが特徴です。ブライダルプラン・就活プランなど、大事な日までに歯並びを整えるプランも充実しており、希望に合わせたプランの選択が可能です。歯並びのお悩み、噛み合わせの悪化でお悩みの方は、ぜひシグマ矯正歯科にご相談ください。

過蓋咬合はマウスピース型矯正も可能!矯正治療の目的とは

歯列模型を見せながら説明する人

矯正治療は何らかの目的があって始める方も多いはずです。目的に合わせた矯正治療を選択しましょう。

1.スポーツを楽しむための矯正治療

人は、瞬発的に力を出すときに奥歯を噛みしめます。噛み合わせに問題を抱えていると、持っている力を出し切れないこともあります。しかし、従来の表側矯正の矯正装置では歯の表面にブラケットとワイヤーを装着しなくてはならず、スポーツ中の激しい動きで唇を切る恐れがあるため、矯正装置をつけたままスポーツをすると危険です。

そこで役立つのが、マウスピース型矯正です。スポーツ中でも装着することができ、マウスガードをつけて保護しておくと、破損も防げます。また、心配な場合はスポーツ中だけ外しておくこともできます。

2.結婚式に向けて行う矯正治療

一生に一度の結婚式のため、歯並びを治しておきたいと考える人も多いです。マウスピース治療は完了するまで1~2年ほどかかるため、結婚式が決まってからだと慌ただしくなってしまうかもしれません。しかし、矯正期間を短縮できる治療法も確立されており、短期間での矯正治療も可能です。

また、結婚式までに人目につきやすい前歯を優先して治す方法もあります。前歯は笑顔になったときに目立つ場所ですし、最初に歯並びの改善を感じられる箇所です。結婚式当日に矯正が完了していなくても、マウスピース型矯正装置は取り外しができるため、結婚式の間だけ外しておくこともできます。

シグマ矯正歯科では構造医学を取り入れた骨格矯正を行っており、きれいな歯並びが手に入るだけでなく、後戻りしない矯正治療を得意としています。治療前に治療費の総額を提示し、追加費用は治療期間が延びても発生しません。最初に費用がわかるため、安心して治療を受けていただけます。過蓋咬合をはじめとする歯並びでお悩みの方は、目的に合わせた矯正治療が可能なシグマ矯正歯科までご相談ください。

過蓋咬合のマウスピース型矯正をお考えなら

過蓋咬合など歯並びや噛み合わせが悪いと、見た目や機能面で様々な問題が生じます。放置しておくと悪化する恐れがあるため、早めに治療を開始しましょう。矯正治療は完了までに年単位の時間がかかります。早く治療を始めておけば、大切な日も歯並びや噛み合わせを気にすることなく笑顔で迎えられるでしょう。

シグマ矯正歯科では、歯並びや噛み合わせの治療を行っています。累計7000件以上の矯正治療を行っており、目的に合わせた矯正治療が可能です。歯並びや噛み合わせにお悩みの方は、ぜひシグマ矯正治療にご相談ください。

マウスピース型矯正で過蓋咬合の治療をするならシグマ矯正歯科へ

医院名 シグマ矯正歯科
院長名 貞永 嘉浩
住所 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1丁目35−3 toDOe代々木6F
TEL 0120-30-1358
診療時間 11:00 ~ 19:00 ※土曜日の診療は10:00~17:00となります。
休診日 水・日・祝
最寄駅 大江戸線、JR共に代々木駅北口を出て左のビル
URL https://www.sigma-kyousei.net/

初診個別「無料」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

0120-30-1358

24時間WEB予約 メール相談

〒151-0053
東京都渋谷区代々木1-35-3
toDOe代々木6F

〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-35-3 toDOe代々木6F
JR 代々木駅北口、都営大江戸線 A3 出口(出て左側のビル。1階がローソン

スタッフ スタッフ
フリーダイヤル 0120-30-1358

pagetop