mail相談 web予約
0120-30-1358
キービジュアル

menu

歯並びの矯正を検討中なら!歯並びへの意識・矯正に失敗しないためのポイント

歯並び矯正に対する不安を解消!

歯並び矯正にはまとまった費用がかかるため、失敗しないよう万全の対策をしておきましょう。丁寧に対応してくれる歯科医師を選べば、安心して歯並び矯正の治療を受けることができます。

この記事では、歯並びへの意識、スマイルラインについて、矯正で痛みを感じるのはどんなときか、失敗しないためのポイントを解説いたします。

歯並び矯正は必要?日本人の歯並びへの意識やスマイルラインについて

歯並びは意外と人から見られているポイントです。歯並びが整っていないというだけで、相手に与える印象が悪くなってしまうこともあるのです。ここでは、日本人の歯並びへの意識と、綺麗な口元の要素の一つであるスマイルラインについて解説いたします。

【歯並び矯正】日本人の歯並びへの意識

手と歯

ある調査によると、日本人の多くは自身の歯並びを気にしているという結果があります。しかし、それに対して実際に矯正治療を行ったという方の割合はとても少ないのが現状です。まだ検討中、歯並びが気になるものの今のままでいいと考える方も多いのです。

この結果は、日本だからこその結果ともいえます。海外の方を見て、「歯並びが綺麗」と思ったことはありませんか?海外では、歯に対する意識が日本とは異なるのです。もちろん国によっても異なりますが、海外では歯並びや歯の綺麗さが日本よりも重要視されています。

歯を綺麗にメンテナンスすることが当たり前で、歯並びが整っていない、汚れているといったことで、自己管理ができない人だという印象を与えてしまう可能性もあるのです。
そのため、日常的なメンテナンスはもちろん、歯並びが悪い場合は、子供の頃に矯正治療を終わらせることも多いのが特徴です。

また、海外の方の歯が綺麗なのは、骨格の問題もあります。欧米人は日本人と比べて顎の骨が大きく、歯が生えるスペースが広いため歯並びが整いやすいといった特徴があります。また、エナメル質が厚いので白く見えるということも特徴です。
歯並びの悪さや歯の汚れなどは、放置していても改善することはありません。日頃からメンテナンスをすることはもちろん、歯並びを整えるためには、ぜひ矯正治療もご検討ください。

【歯並び矯正】スマイルラインとは

ピンク背景のクエスチョンマーク

歯列矯正だけでなく、口元の美しさをトータルで考えたときの要素の一つに「スマイルライン」があります。スマイルラインとは、口の端を上げて歯を見せて笑ったときに見える、上の前歯の先端を結んだラインのことをいいます。口角を上げて笑ったときに、上の前歯の先端を結んだ線が下唇のアーチ状のラインに沿ってきれいにカーブしているのが理想です。

大人の女性の場合はスマイルラインがゆるやかなカーブを描いています。大人の男性の口元では、スマイルラインが直線的になることもあります。しかし、歯並びが悪かったり八重歯が出ていたりすると、スマイルラインが一直線になることはありません。
スマイルラインが整っているだけで、口元や表情の印象が大きく変わります。

歯茎が多く見えていたり、八重歯の影響で歯列にがたつきがあったりしてスマイルラインが乱れている場合、微笑んだときに品のない印象を与えてしまうことがあります。スマイルラインが整っていれば、人と接するときに明るく上品な印象に見られやすくなります。また、清潔な雰囲気に見られやすいのも、スマイルラインが整っている方の特徴です。

芸能人の方などは、微笑んだときにスマイルラインがきれいに見えることがほとんどです。もともとスマイルラインが整っている方もいますし、八重歯や前歯の部分矯正やインビザラインなどの治療によって、スマイルラインを整えている方もいらっしゃいます。
歯並びを整えることは、機能性はもちろんですが、審美性のためにも重要です。

矯正をご検討中の方は、ぜひ東京のシグマ矯正歯科へお問い合わせください。歯並びの治療は大人になってからでも遅くありません。東京のシグマ矯正歯科では歯並びを綺麗にすることはもちろん、治療の先にある「よりよい人生をサポートする」という想いで患者様一人ひとりのお悩みをサポートさせていただきます。
まずはお気軽にご相談ください。

歯並びの矯正で失敗しないためのポイント・痛みを感じるときはいつ?

せっかく矯正をしたにもかかわらず、思ったような結果を得られなかったというケースも残念ながらあるものです。ワイヤーやマウスピースなど、どの方法の矯正でもまとまった期間と費用がかかるため、失敗しないよう万全の対策をしておきましょう。
ここからは、矯正に失敗しないために注意したいポイントや、矯正で感じる痛みについて解説いたします。

【歯並び矯正】失敗しないためのポイント

POINTと植物

歯並び矯正をしたあとに噛み合わせがうまく合わなかったり、歯列の中心がずれていたりすることがあります。こういった場合、矯正は失敗ということになり、再治療が必要になります。
歯並び矯正で失敗しないためには、以下のようなポイントを意識しておく必要があります。費用のかかる再治療を避けるためにも、失敗を防ぐ工夫をしておきましょう。

前もって綿密な治療計画を立てる

八重歯や前歯といった部分矯正でも、全体的な矯正でも、歯並びの治療をする前には様々な検査を行います。レントゲンを使ったり噛み合わせの状態をチェックしたりする際に、歯並びの問題点を十分に把握できれば、適切な治療計画を立てることができます。 事前の診断を丁寧に行ってくれる歯科医師を選び、きちんとした計画を立てるようにしましょう。
費用面のみで歯科医院を選ばない

歯並び矯正にはまとまった費用がかかります。しかし、安く済ませたいという点のみを重視して歯科医院を選ぶのはおすすめできません。

費用を重視して選んだ歯科医院で矯正に失敗した場合、再治療にはさらなる費用がかかってしまいます。失敗を防ぐためにも、口コミをチェックしたりじっくりと医師の話を聞いたりしながら、自分に合う歯科医院を見極めていきましょう。

セカンドオピニオンを試してみる

事前検査が簡単なもののみで終わってしまうような場合には、矯正のスタートを一旦待ってもらい、セカンドオピニオンを試すのもおすすめです。

歯科医師によって治療の方針や重視する問題点は変わってきます。また、それぞれの医師の実績やスキルも異なるため、セカンドオピニオンによって新たな問題に気付いてもらえる可能性があります。

指導された通りに治療をする

歯並び矯正ではワイヤーやインビザラインなどのマウスピースといった、専用の器具を使って治療を進めていきます。
治療時には器具の扱い方や気を付けたいポイント、歯の磨き方などを詳しく指導されます。指導された治療法を守らなかった場合、歯並びが改善しないどころか口腔環境が悪化してしまう可能性もあります。失敗を防ぐためにも、正しい方法で治療を続けていきましょう。

【歯並び矯正】矯正で痛みを感じるときとは?

マウスピースと歯の模型

ワイヤー矯正でもインビザラインなどのマウスピース矯正でも、痛みを感じることがあります。ここでは、矯正の際はどんなときに痛みを感じるのか解説します。

矯正装置の装着や交換で感じる痛み

矯正装置を装着したあとには、歯や口腔内、顎などに痛みを感じることがあります。
歯並び矯正は歯を動かす治療なので、痛みや圧迫感を覚える方は少なくありません。治療を始めてすぐの時期には、耐えられないほどの痛みに悩まされる方もいらっしゃいます。様々な矯正方法のなかでも、ワイヤーを使った矯正は痛みが強くなる傾向にあります。

食事による痛み

矯正中は、食べ物を噛んだり上下の歯がぶつかったりすることで痛みを感じることがあります。そのため、食事の際は特に痛みを感じやすいのです。

硬いものやスジのあるものを食べたときなどに、口腔内に痛みを感じる方が多くいらっしゃいます。
食事中に痛みが起きやすいのであれば、あまり噛まずに食べられるような食事を用意しましょう。お粥などを用意し、少しずつ食事に慣れていくようにするのがおすすめです。

傷や口内炎による痛み

これは、特にワイヤーを使った矯正で感じやすい痛みです。ワイヤーが口腔内に当たることで傷がつき、口内炎の痛みに悩まされることもあるのです。

極力痛みが少ない矯正をしたい方には、インビザラインなどマウスピース型の装置を使った矯正がおすすめです。
インビザラインとは、柔らかいプラスチック製のマウスピースを使用する歯列矯正のことです。ワイヤーとは違い口腔内に当たってもそれほど痛くありませんし、傷が起きにくいので口内炎のリスクを下げることもできます。

東京でマウスピースを使った矯正にご興味をお持ちでしたら、ぜひシグマ矯正歯科へご相談ください。シグマ矯正歯科では、目立たない・見えない矯正や、痛みが少なく負担が少ない矯正をご提供しております。
インビザラインではなく、透明マウスピース型の矯正装置「アソアライナー」を使用した矯正治療が可能です。痛みに配慮した矯正も可能なので、まずはお気軽にお問い合わせください。

大人の歯並び矯正・八重歯矯正も東京のシグマ矯正歯科へ

歯並びを矯正すれば、笑顔に自信が持てるようになっていきます。八重歯が目立つなど口元にコンプレックスがある方や、綺麗なスマイルラインを手に入れたい方は、ぜひ矯正治療をご検討ください。

東京で歯列矯正をお考えでしたら、ぜひシグマ矯正歯科へご相談ください。シグマ矯正歯科では、子供から大人まで様々な歯並びのお悩みに対応いたします。
八重歯や前歯だけなど部分矯正、前から見ても見えない裏側矯正、透明なマウスピースで目立ちにくいアソアライナーなど、様々な矯正に対応可能です。歯並びのコンプレックスを解消したいという方は、お気軽にお問い合わせください。

歯並び矯正をインビザラインでご検討している方はシグマ矯正歯科へ

医院名 シグマ矯正歯科
院長名 貞永 嘉浩
住所 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1丁目35−3 toDOe代々木6F
TEL 0120-30-1358
診療時間 11:00 ~ 19:00 ※土曜日の診療は10:00~17:00となります。
昼休みは、13:00 ~ 14:00です。
休診日 水・日・祝
最寄駅 JR 代々木駅北口、都営大江戸線 A3 出口(出て左側のビル。1階がローソン)
「代々木駅」から徒歩15秒
※当院には自転車置場がございません。恐れ入りますが自転車でお越しの際には駅周辺の駐輪場をご利用の上徒歩でお越しください。
URL https://www.sigma-kyousei.net/

初診個別「無料」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

0120-30-1358

24時間WEB予約 メール相談

〒151-0053
東京都渋谷区代々木1-35-3
toDOe代々木6F

〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-35-3 toDOe代々木6F
JR 代々木駅北口、都営大江戸線 A3 出口(出て左側のビル。1階がローソン

スタッフ スタッフ
フリーダイヤル 0120-30-1358

pagetop