mail相談 web予約
0120-30-1358
キービジュアル

menu

歯並び矯正を大人になって始めるタイミング・マウスピース以外の方法

歯並びが気になるなら矯正治療を始めよう!

歯並びが気になるけど大人になってから矯正はできるのか、大人になってからでは効果が出ないのではないかと考える方もいるでしょう。

矯正治療は年齢に関係なく、いつでも始められます。

シグマ矯正歯科が、大人になってからの矯正治療のタイミングについて解説します。

また、矯正治療では抜歯の有無も気になるでしょう。抜歯をしない矯正治療についても紹介しますので、参考にしてください。

大人になってからの歯並び矯正のタイミング

大人になってから歯並びが気になるという方もいるため、矯正治療は大人でも可能です。年齢が上がったからといって治療期間や痛みが大きく違ってしまうことはありません。

下記では、子供の矯正治療と大人の矯正治療について見てみましょう。

子供の成長と治療のタイミング

大人でも可能な矯正治療

子供の歯並びの矯正治療は、いつから始めれば良いのか疑問に思われる方もいるでしょう。

矯正治療を始める時期は3つのタイミングがあります。それぞれのタイミングについて解説します。

1期:混合歯列期

乳歯と永久歯が混在して生えている状態を、混合歯列期といいます。混合歯列期は、盛んにあごが成長している時期のため、矯正治療に適しています。あごの成長を促進あるいは抑制させることで、永久歯が生えてくるスペースを作るための準備ができます。

1期治療では、プレートなど矯正器具を用いてあごの拡大をします。

2期:永久歯列期

成長するにつれてあごを拡大して矯正することが難しくなるので、矯正治療は永久歯が生え揃うまで待ち、永久歯が揃ってから矯正を開始した方がいいというケースが多くなります。

2期治療ではワイヤーを使った矯正をします。

受け口の場合:3歳~4歳頃

受け口の場合には、3歳~4歳頃に開始する早期治療がおすすめです。寝ている時間に、ムーシールドというマウスピース型の装置を装着して治療します。

乳歯と永久歯が混在する1期での矯正治療は、様々なメリットがあります。早い時期から矯正治療を開始するメリットをご紹介します。

綺麗な歯並びをつくりやすい

1期治療ではプレートを使用してあごを拡大し、バランスよくあごを成長させることで永久歯のスペースをしっかりと確保することが可能になります。

歯を抜かずに治療ができる可能性が高い

あごを拡大するなど、バランスを整える治療を早期から行い、綺麗に歯が生え揃うように治療を進めていくため、成長後に矯正治療を行う際、歯を抜かずに治療ができる可能性が高くなります。

バランスのよい顔つきになる

成長期に噛み合わせが悪い状態だと、あごの形が悪いまま成長してしまいます。しかし、成長期に噛み合わせを改善すると、バランスのよい顔つきへと成長を促せます。

シグマ矯正歯科では、子供の矯正にも対応していて、生物学的機能療法を基本とし、取り外しのできる、歯の表面に金属の装置を付けない矯正治療を行います。

低価格、非抜歯での矯正が可能ですので、子供の矯正をお考えの方もお気軽にご相談ください。

成長期を過ぎたあとでも治療は可能?

歯の治療を受ける子供

大人の矯正治療は、何歳まで治療が可能なのか疑問に思う方もいるでしょう。矯正治療に年齢制限はありません。何歳でも矯正治療を行うことが可能で、80代で治療される方もいます。矯正治療を行うタイミングは10代が望ましいです。しかし、年齢によって治療期間や痛みなどで大きな違いが出ることはありません。

大人の矯正治療で気をつけなければならないのは、自分の生活と矯正治療とのタイミングです。矯正治療はワイヤーなどを装着して歯を動かす治療に約2~3年かかります。矯正治療が終了したあとは、矯正によってきれいになった歯並びをキープするため、取り外しが可能な保定装置をつけることになります。保定の期間も2~3年です。

そのため、就職や結婚など人生の節目を控えている場合には、逆算して治療を開始する時期を決めることが大切です。矯正をしていることが気にならないという方は、特に時期を意識する必要はありません。ただし、結婚や転勤は、歯科医院への通院ができなくなったり遠方まで通ったりすることになります。転院も可能ではありますが、費用が高くなってしまうこともあるため、ご注意ください。

歯並び矯正で行う抜歯について

矯正治療で歯を綺麗に並べるためにはスペースが必要になるため、抜歯をしてスペースを確保します。しかし、健康な歯を抜くことに抵抗を感じる方も少なくないはずです。

下記では、矯正治療と抜歯の関係について解説します。歯並びの矯正治療で抜歯をしたくない方は、ぜひチェックしてください。

抜歯は絶対必要なの?

可能な限り抜歯をしない矯正治療について

歯並びを綺麗にするための矯正治療といえば歯を抜いて行うもの、というイメージがあるかもしれません。

矯正治療で抜歯を行う理由は、歯を綺麗に並べるためのスペースを確保する必要があるからです。上下のあごの位置のずれが大きい場合には、外科手術で治療することもあります。しかし、手術を行わない場合、抜歯を行ってスペースを空けることで矯正治療が可能になります。

一般的に矯正治療の際の抜歯率は、およそ70~80%といわれています。矯正治療では抜歯をして歯を動かすスペースを確保するといわれても、やはり健康な歯を抜くことに抵抗を感じる方はいるでしょう。

シグマ矯正歯科では、可能な限り「抜歯をしない矯正治療」を行っています。すべての症例で抜歯を行わないわけではなく、どうしても抜歯が必要な場合は説明を行ったうえで抜歯の提案となります。なぜシグマ矯正歯科では抜歯をしないで矯正治療を行うことが可能なのか、抜歯をしない矯正治療について解説します。

抜歯をしないで歯を動かすためのスペースを確保するには、2つの方法があります。どのような方法でスペースを確保するのかをご紹介します。

インプラントアンカーを利用

歯列矯正用のとても小さなインプラントを顎の骨に植立させ、歯を動かすための固定源にします。矯正用のインプラントを使用することで後方に歯を移動させる治療法です。

これまでの矯正治療では、抜歯をすることで空いたスペースを用いて、歯を綺麗に並べていました。インプラント矯正ではこれまで難しいとされていた「後方」への歯の移動が可能になるため、抜歯せずとも歯を動かすためのスペースを生み出すことができるようになったのです。

歯を薄く削る

この治療法は歯の表面のエナメル質を少しだけ削り、歯を動かすためのスペースを確保する治療法です。エナメル質は1~2mmの厚みがあり、そのうちの3分の1ほどを削ります。

健康な歯を削ることに抵抗がある方も多いと思いますが、エナメル質の削除量をコントロールすれば、ほとんどリスクはない治療法です。

抜歯後に注意すること

歯の治療を受ける人物

抜歯をすると、歯茎に穴が開いた状態になっています。そのため、注意しなければならないことがあります。

抜歯後の注意点を解説します。

止血

抜歯後10~15分ほどはガーゼを噛んで止血をします。15分経過したらガーゼを捨ててしまって結構です。翌日までは、唾液に血がうっすらと混じる程度の出血が続くこともあります。

血液をサラサラにする薬を飲んでいる方は、なかなか血が止まらないかもしれません。その場合は市販の紅茶のティーパックで紅茶をいれたあと、出がらしを水で冷やし、ティーパックごと噛んでおくと紅茶のタンニンという成分の効果により血の止まりが早くなります。

麻酔

麻酔は個人差がありますが2~3時間程度は効いています。麻酔が効いている間は、なるべく食事は避けてください。麻酔によって感覚が鈍くなっているために、普通に食べているつもりでも火傷してしまったり、頬の内側や舌を噛んでしまったりすることがあるためです。麻酔が効いていてわかりづらいだけで、あとから怪我していたことに気づくケースもあります。

どうしても食事しなければならない場合には、火傷に気をつけて、ゆっくりと食べるようにしてください。

うがい

血の味が気になるかも知れませんが、2~3日は強いうがいは避けてください。抜歯後は歯を抜いてできた穴に溜まった血が固まることでカサブタのような役目をして治っていきます。しかし、強いうがいをすると水圧でカサブタが取れてしまうことがあるのです。カサブタが取れると再出血や、取れたまま穴の中で顎の骨が出てしまい強い痛みが生じてしまいます。

歯磨きも傷の周囲は2~3日は避けてください。傷の周囲以外は歯磨きをしても大丈夫ですが、うがいの際には気をつけてください。

マウスピースでの矯正が可能なシグマ矯正歯科

大人は歯並びで悩んでいても、矯正ができないと思っている方もいます。周囲に歯並びを矯正している人がいた場合に大人も矯正治療ができることを知り、歯科医院に相談に行くというケースが多いようです。年齢に関係なく矯正治療は可能です。また、矯正治療の際には必ずしも抜歯が必要となるわけではなく、抜歯をしない矯正治療も可能です。

シグマ矯正歯科では、可能な限り「抜歯をしない矯正治療」を行っていて、インプラントアンカーを利用した矯正と歯を薄く削るディスキングという2つの方法に対応しています。

ただし、達成が難しいと判断した場合は抜歯を提案します。その際にはなぜ抜歯が必要なのかをしっかりとご説明しご納得いただいたうえで、治療を行いますので、ご安心ください。そのほか、目立たちにくいマウスピースでの矯正も行っていますので、矯正中の見た目が気になる方にもおすすめです。

初めてのご相談は無料で承っていますので、歯並び矯正に興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

歯並び矯正に興味のある方はシグマ矯正歯科まで 初診「無料」で承っています

医院名 シグマ矯正歯科
院長名 貞永 嘉浩
住所 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1丁目35−3 toDOe代々木6F
TEL 0120-30-1358
診療時間 11:00 ~ 19:00 ※土曜日の診療は10:00~17:00となります。
昼休みは、13:00 ~ 14:00です。
休診日 水・日・祝
最寄駅 JR 代々木駅北口、都営大江戸線 A3 出口(出て左側のビル。1階がローソン)
「代々木駅」から徒歩15秒
※当院には自転車置場がございません。恐れ入りますが自転車でお越しの際には駅周辺の駐輪場をご利用の上徒歩でお越しください。
URL https://www.sigma-kyousei.net/

初診個別「無料」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

0120-30-1358

24時間WEB予約 メール相談

〒151-0053
東京都渋谷区代々木1-35-3
toDOe代々木6F

〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-35-3 toDOe代々木6F
JR 代々木駅北口、都営大江戸線 A3 出口(出て左側のビル。1階がローソン

スタッフ スタッフ
フリーダイヤル 0120-30-1358

pagetop