>東京で前歯矯正なら | 前歯矯正は東京のシグマ矯正歯科

フリーダイヤル:0120-30-1358

  • web予約
  • メール相談

矯正専門医による前歯だけの部分矯正

全部の歯ではなく、
気になる部分だけ綺麗に整えたい! このようなご要望を多く受けます。 そのようなご要望を受け、
前歯だけ、すきっ歯だけ
出っ歯だけの治療を 「価格・期間」で行っています。 難しいとされる「裏側」からの
部分矯正も対応しています!

※お口の状態によっては部分矯正では対応できない場合があります。

  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後

部分矯正治療とは?

院長

部分矯正とは、その名の通り、部分的に歯を移動させる治療法です。 「全体的」にではなく「部分的」に治療を行いますので、すべての歯を矯正するよりも「低価格」「短期間」に治療が可能になります。 しかし、適応症例が限られるという治療法でもありますのでまずはご相談ください。

具体的には下記のようなメリットがあります。

メリット1「低コスト」で治療が可能
利用する装置、治療時間などが本格的な矯正と異なるため、部分矯正では低コストで治療が可能になります。
メリット2「目立たない」装置を利用できます
矯正治療というと以前までは「金属色が目立つ」ことが一般的でした。しかし、最近では「目立たない」矯正装置も開発されています。具体的には歯につける装置を半透明の素材にすることで目立たなくしています。
歯

その他、透明なマウスピース(アソアライナー)を利用したマウスピース矯正も行っています。こちらの透明な装置になりますので、矯正をしていることを気づかれることはほぼありません。

部分矯正には興味があるが、「目立つのはちょっと」という方、一度ご相談ください。
歯また、歯の裏側に矯正装置を付ける「裏側からの部分矯正」も行っています。歯の裏側に装置を付けますので、そもそも矯正治療をしていることに気づかれることはありません。
メリット3気になるところをピンポイントで治療可能
前歯2本だけ、すきっ歯の部分だけ、下の歯だけなどご希望に応じて柔軟に対応可能です。 いくつか症例をご紹介します。
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
メリット4「短期間」で治療が可能
あくまで「部分的」に歯を動かしますので、その分、治療期間も短縮されます。 本格的な矯正では数年かかるのが通常ですが、部分矯正の治療期間は数ヶ月で終了します。そのため、まじかに大事な行事(結婚式や面接等)を控えている患者様ご好評をいただいております。

部分矯正は適応症例が限られます。 つまり、すべての人に部分矯正治療ができるわけではありません。 そのため、場合によっては「部分矯正ではなく、全体的な矯正が必要となります」とお伝えすることもあります。 まずはお口を拝見しないことには何ともお伝えできませんので、お気軽にご相談くださいませ。相談は無料になっております。

Dr.貞永の部分矯正に対する思い

院長

大学病院での研修や矯正学会への参加の経験しかない頃のシグマ院長の貞永は、部分矯正の治療経験が全くありませんでした。 20年前に巣鴨で開業医としてシグマを設立したあと10年ほどは学会や大学病院の部分矯正はしないという方針を真面目に厳守いたしておりましたが、患者からの要望によりここ10年ほどたくさんの部分矯正による治療の経験をしてまいりました。 その経験を通して感じたことをお伝えします。 はじめの頃は正直嫌々行なっていたのは申し訳ないですが事実です。 とはいえたくさんの経験値を通して段々と部分矯正の技術が上達してまいりますから楽しみになってまいりました。 部分矯正というと部分的に矯正の器具とワイヤーを装着するものをイメージしやすいですが、歯の気になる部分のみ矯正するという方法もあるのです。例えば前歯の1本だけとか片側の八重歯だけとかの部分矯正が可能な技術が沢山の患者さんの治療を通して可能に出来る技術が身についてまいりました。現在では積極的にマウスピースによる部分矯正も行なっており、ブライダル矯正やプチ矯正、後戻り矯正などの低価格、短期間のニーズに十分に応えられている実感を感じております。

矯正専門医だからできる部分矯正

院長

とはいえ部分矯正は決して簡単ではなく、むしろ全体矯正より高度な技術が要求される場合がほとんどでございまして、術者の都合を言って申し訳ないのですが、どんなドクターにでもすぐに部分矯正を習得し臨床で成果を発揮できる容易な治療ではありません。 たくさんの症例に関わりかつ柔軟な診断能力と高い技術力があってこそ可能であるといえます。ゆえに全体矯正ができたとしても難しいのが部分矯正なので、全体矯正ができない先生が簡単に手を出して効果的な部分矯正は決してできません。

部分矯正の治療の流れ

院長

よくあるご質問に「私は部分矯正できますか?」というお問い合わせをいただきます。まずは歯を診てからですと答えるしかないのはお分かりいただける思うのですが、とはいえ最近は患者さんもよくお調べいただいているのでいろいろと実際のご事情をご存知の方がほとんどです。 結論から言うと部分矯正ができないケースは99%ありません。無理だなと思う残り1%のケースというのは、「抜かない削らないで短期間に低価格で部分矯正で、しかもビシッと全体矯正みたいに真っ直ぐな歯にしてください」というケースですが、ぜひ無料初診カウンセリングにいらしていただいた際にはリラックスしてご自身の本当の望みに対して開かれた態度でいてください。 その時はシグマの貞永が、しっかりと患者さんの話を聴く丁寧なカウンセリングで、7000症例以上の矯正治療実績に基づいた最適な治療方法の選定をします。

症例:右の前歯の突出とねじれを治したい

30代女性

治療期間:6ヶ月 
治療費:357,500円(税込) ヒアルロン酸:5.5万円(税込)

上の前歯1本だけの治療とはいえ上全体をずらしていくことが右上の前歯を治すことになる。よってマウスピースでの治療によって行うことになった。 途中右上の前歯が治ってくると歯肉の隙間が出現したため、この治療も追加で行うこととした。歯肉にヒアルロン酸を注入して治すとともに、きれいになった歯並びでホワイトニングをしていく予定。
  • 治療前
  • 治療後

症例:前歯の隙間を治したい

20代女性

治療期間:3ヶ月 
治療費:357,500円(税込)

前歯のみ治したいが他院で全体矯正を勧められ、納得できずにシグマ矯正歯科を受診。途中マウスピースを紛失するアクシデントもあったが無事隙間はなくなった。
  • 治療前
  • 治療後

症例:下の歯並びを治したい

40代女性

治療期間:4ヶ月 
治療費:357,500円(税込)

下の歯並びのみというリクエストでマウスピースプチ矯正を行なった。歯のエステティックトリミング(形を治す料金は含まれる)も行なった。 落ち着いたら今後も継続して治療をする予定。
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後

症例:左上の奥歯が1本だけ気になる

10代前半 男性

治療期間:ワイヤー約1年(通院回数13回) 
治療費:44万(税込)

内側に生えてしまった左上第二小臼歯のみの治療をしてほしいとのことでした。
そして左上のみの部分矯正を開始。歯の回転(約90度)も治すのに少し時間がかかった理由です。内側にずれているだけなら半年で終わったでしょう。

  • 治療前
  • 治療後

症例:左下の奥歯を起こしたい

30代女性

治療期間:10ヶ月 
治療費:25.3万円(税込)

一般歯科からの紹介で左下の8番(一番奥の親知らず)を抜いて左下7番(その前の倒れている第2大臼歯)を起こしてほしいとのことでご来院。 ご本人もインプラント(約50万)よりは20万の方がいいと決心してくださり、写真をみてもあまりわからないほど自然に仕上がりました。 レントゲンもご覧になってください。
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後

症例:上の前歯がへこんでいる

20代女性

治療期間:4ヶ月 
治療費:357,500円(税込)

上下バランスをとってマウスピースでのプチ矯正。歯並びのわるさがマイルドになり、特に下の歯並びの左上の前歯が良く治ったのでよかった。 マウスピースフル矯正にならずこれで気に入ってくれたケース。
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後

症例:右の前歯一本だけ治したい

10代後半 女性

治療期間:6ヶ月 
治療費:357,500円(税込)

短期間で少しでも良くなればという希望と、目立たないもので低価格のものといえばマウスピースによるプチ矯正ということで、左上の前歯をメインに治療完了しました。 とても喜んでくれて嬉しいです。これからはキレイをキープしていきましょう
  • 治療前
  • 治療後

症例:前歯のデコボコを治したい

20代 女性

治療期間:6ヶ月 
治療費:357,500円(税込)

今まで矯正治療の相談なども未経験でしたが、ご本人ともよく話してマウスピースでプチ(部分)矯正を行うということに決定!右上1本のねじれを治すことを目指す。まじめに通ってくださるのでとてもよく治りました。私も嬉しいです。ありがとう。
  • 治療前
  • 治療後

症例:すきま、出っ歯

20代 女性

治療期間:6ヶ月 
治療費:357,500円(税込)

とても長い時間(食事のとき以外全日)マウスピースを使ってくださったので正中離開が閉じるだけでなく上前歯の出っ歯もきれいになりました。 お疲れ様です。これからは矯正後はリテーナーでメンテナンスをみていきます。
  • 治療前
  • 治療後

症例:前歯のねじれとその横の歯の色が気になる

20代 女性

治療期間:8ヶ月 
治療費:25.3万円(税込)

ブライダル矯正だったので左上2番は抜歯し、上の正中線のずれは治さずに、左上2番の抜歯後の隙間を閉じて並べるという計画でワイヤー部分矯正を行いました。 このあとは下の歯並びや上の正中線を合わせる全体矯正も予定してくれており、ご自身のタイミングで治療を進めていくそうです。 今回はとても満足してくださり私たちも光栄です。ありがとう。

20代 女性症例

症例:右上の中切歯が1本出ている

30代女性

治療期間:9ヶ月 
治療費:357,500円(税込)

プチ矯正のマウスピースでふんわり治したケースです。 下口唇が出ている歯に引っかかってまた出てしまうのを防ぐために、オトガイ筋にボツリヌス注射を行ったところ、Eラインも綺麗になりました。
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後

症例:左上1番の出っ張り

20代女性

治療期間:6ヶ月 
治療費:357,500円(税込)

上だけのマウスピースでプチ矯正を行った。左上1番のねじれが目立たなくなり良かったです。 もう少しやりたくなったら、マウスピース全体矯正約25.3万円(税込)追加で治療してください。
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後

症例:右上下1番の出っ張り

20代女性

治療期間:5ヶ月 
治療費:71.5万円(税込)

マウスピースで上下プチ矯正をした症例です。 だいぶ良くなっているにも関わらず5か月という短期間で終了したのは本人の頑張りのおかげです。私も嬉しい。
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後

症例:右上1番の出っ歯

30代女性

治療期間:5ヶ月 
治療費:357,500円(税込)

下は綺麗で、右上1番が出ているのと右上2番が引っ込んでいるのが少し気になるだけとのことなので、プチ矯正で大成功しました。いつか全体でやりたくなったらやりましょう。もっと綺麗になりますよ。
  • 治療前
  • 治療後

症例:上の左右の中切歯が出ている

20代女性

治療期間:4ヶ月 
治療費:357,500円(税込)

上の前歯2本を引っ込めるプチ矯正。マウスピース使用で綺麗になりました。 噛み合わせが深いので上顎左右1番を引っ込めるときに上下左右1番の咬合調整を行いました。これは下を矯正治療しないときに必要なテクニックです。
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後

症例:上の前歯4本のずれ

20代女性

治療期間:6ヶ月 
治療費:522,500円(税込)

前歯の部分矯正をマウスピースで治したケースです。 前歯4本をディスキングで幅を少し小さくして、そのスペースを使って並べました。 八重歯は今回は治さないことにしたので、抜歯+ワイヤー矯正ではなく、ディスキング+マウスピース矯正を選択しました。 このような矯正もできるので、興味のある方はどうぞご相談ください。
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後

症例:前歯が1本ずれている

20代女性

治療期間:6ヶ月 
治療費:522,500円(税込)

前歯のずれをマウスピースで治したケース。 上の側方歯を拡大してスペースをつくり、ディスキングしないで治療を行いました。 とても良く治ったのでこれからも検討して戻らないようにしていきながら、社会の中で多いに活躍してほしいです!
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後

症例:上顎左右1番を引っ込ませたい

20代女性

治療期間:4ヶ月 
治療費:357,500円(税込)

上の前歯を引っ込めたいとのことで、マウスピースで前歯間にある隙間を利用して治したケース。 上の前歯の裏側が引っ込んで下の前歯の先端に強く当たる部分を、咬合調整をして治しました。 口元も綺麗になっただけではなく、閉じやすくなりました。
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後

症例:出っ歯なので前歯を引っ込めたい、隙間を閉じたい

10代女性

治療期間:4ヶ月 
治療費:357,500円(税込)

こちらはマウスピース6個によるプチ矯正のケースです。 噛み合わせが深いので前歯の咬合調整をしながら前歯の隙間の分だけ後ろに引っ込めてきました。これからは保定(リテーナー)とマウストレーニングで戻らないように管理していきます。
  • 治療前
  • 治療後

症例:前歯の隙間を治したい

20代女性

治療期間:約5ヶ月 
治療費:357,500円(税込)

前歯の1本がねじれているのを歯の横を少しだけ幅が狭くなるように削って治したケース ご本人が予算30万円以内で見えない矯正を希望していたので、マウスピースのプチ矯正による上の前歯のみの部分矯正を行いました。 このような矯正もいいなあと思ったケースでした。
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後

症例:左上の前歯のねじれを安価にて早く治したい

20代女性

治療期間:約4ヶ月 
治療費:30.8万円(税込)
スピードワイヤー1回5,500円(税込)10回

左上の前歯のねじれを気にして来院。 部分ワイヤー矯正(クリアブラケット)にて治療した。 上前歯6本を0.5mmずつ幅をスリムにして、できたスペースにねじれた歯を動かして完成。 今後はリテーナーで歯を安定させることを行います。

矯正治療前

治療前
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後

症例:右上の前歯が出ている

20代女性

治療期間:約8ヶ月 
治療費:522,500万円(税込)

歯を削らずに右上前歯のみ治したケース。 マウスピース9個の使用により削らずに治した。 削らない方が良い場合と削った方が良い場合があるので、詳しくは個別に初診カウンセリングして説明します。
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後

症例:上の前歯の隙間を閉じたい

10代女性

治療期間:約5ヶ月 
治療費:357,500円(税込)

マウスピース矯正により前歯の隙間を安価で閉じることができました。 症状が軽い方の場合、プチ矯正で完治することが多いです。
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後

症例:上の前歯が出ている

10代女性

治療期間:マウスピース期間5か月 
治療費:357,500円(税込)

上の前歯2本を引っ込めたいとのことでマウスピース6個プチ矯正を行いました。 スペース不足は歯の幅を狭くするためにディスキングを行い、そのまま少し時間を置くオートコレクションをしました。 マウスピース6個も順調に終わり、噛んだ時に下の歯にギリギリ当たらないところまで上の前歯2本を引っ込めて終了できました。 自然な感じの仕上がりに思ったよりきれいになったとコメントいただいています。
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後

部分矯正の費用

部分矯正 内容 費用
部分矯正 マウスピースを使った部分矯正 1クール 片顎165,000円 (税込)
2クール 片顎330,000円 (税込)
※+16.5万円 (税込)で1クールずつ追加
デーモン3
ブラケットを使った部分矯正
※片顎の6本までの治療をする場合の価格です。

【メタルブラケット】
片顎前歯 25.3万円 (税込)
両顎前歯 50.6万円 (税込)
デーモン3

【クリアブラケット】
片顎前歯 30.8万円 (税込)
両顎前歯 61.6万円 (税込)
デーモンクリア

【金属アレルギー用】
片顎前歯 36.3万円 (税込)
両顎前歯 72.6万円 (税込)
クリアブラケット

【裏側】
片顎前歯 47.3万円 (税込)
両顎前歯 94.6万円 (税込)
リンガル

【奥歯】
「表」24.2万円 (税込)
「裏」36.3万円 (税込)

リスク: 部分矯正によるリスクは上の歯と下の歯あるいは前歯と奥歯のバランスが失われる場合があります。
副作用: 部分矯正による副作用は咬合時に一時的な過剰接触が発生し違和感を伴う歯や歯周組織のダメージが発生する場合があります。
※写真はあくまでも個人の症例であり、すべてが一般的にあてはまるものではありません。イメージとして捉えて下さい。

初診個別無料相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。 ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • web予約
  • メール相談

電話での問い合わせ

電話0120-30-1358

医院の住所

〒151-0053
東京都渋谷区代々木1-35-3 toDOe代々木6F

診療時間
11:00 ~ 19:00 --
10:00 ~ 17:00 -----
休診日 日曜日・水曜日/祝日

※土曜日の診療は 10:00~17:00 となります。
※昼休みは 13:00~14:00 となります。

このページの先頭に戻る