19.ブラックトライアングルとは?

ブラックトライアングルとは、歯と歯の間のすきまと歯肉に囲まれた部分に出来る「ブラック(黒い)」「トライアングル(三角形)」のことです。

ブラックトライアングル

「ブラック(黒い)」の部分は口腔内の暗く(ダーク)見える影の部分(歯間鼓形空隙といいます)のため、「ブラックトライアングル」のことを「ダークトライアングル」と呼ぶこともあります。

人間の奥歯の歯形は比較的四角形に近いため「ブラックトライアングル」は起こりにくいですが(仮におこったとしても、奥歯ですので本人も含めて誰も気づかないですね)、前歯の場合は歯の形が▽のように下の方が狭くなっているため、「ブラックトライアングル」の現象が起こりやすく、しかも、目立ちやすいという特徴があります。

ブラックトライアングルが起こってしまう原因

  • 加齢によるもの
    「ブラックトライアングル」の底辺を形成する歯間乳頭(歯と歯の間の歯肉)は歯槽骨という骨の上にあります。加齢とともに歯を支える歯槽骨や歯肉(歯周組織)の細胞の活性が下がり、歯槽骨の高さは低くなっていきます。そのため、加齢とともに歯間乳頭が退縮して(下がって)しまい「ブラックトライアングル」が形成されてしまいます。この現象は個人差がありますが、30代頃から現れ始め、40代以上になると目立ってくるようになります。
  • 歯槽膿漏によるもの
    歯肉炎や歯周病等によって歯槽膿漏の状態まで進行すると、歯槽骨が次第に破壊されてしまい、骨の高さが低くなってしまうことで、その上にある歯茎の位置が下がってしまい「ブラックトライアングル」が形成されてしまいます。また、歯周病が治療で良くなって、歯ぐきが引き締まることで起こる場合もあります。
  • 歯ブラシ習慣によるもの
    毎日の歯ブラシの際に、硬い歯ブラシを使ったり、力をいれすぎたりすると、歯ブラシで歯茎を傷つけてしまいます。そうすると、歯茎が削れて薄くなってしまって、歯槽骨が溶けてしまい歯間乳頭が下がってしまい「ブラックトライアングル」が形成されてしまいます。
  • 遺伝等の問題によるもの
    次のような方は、そうでない方と比較して「ブラックトライアングル」になりやすいです。
    (1) 歯頸部の歯槽骨がもともと薄く、歯肉が退縮しやすい場合
    (2) 歯肉が薄いために歯肉が痩せやすく、退縮しやすい場合
    (3) 歯の形が□よりも▽に近い場合
  • 咬合性外傷によるもの
    オトガイ筋などが強すぎる場合など、過度の咬合力(かみ合わせの力)により、歯・歯茎・歯槽骨・顎関節といった部分に損傷がおきる「咬合性外傷」によって歯間乳頭が退縮してしまい「ブラックトライアングル」が形成されてしまいます。
  • 歯列矯正治療によるもの
    基本的に、歯列矯正治療で「ブラックトライアングル」が出来てしまうこと自体は、ある程度避けられないものです。
    (1) 元々叢生(凸凹)状態の歯並びであったケースでは、凸凹に歯が並んでいたがためにその間の歯肉も重なって隙間が見えない(目立たない)状態だったものが、歯を正しい位置に並べることで歯と歯の間隔が広がり(正常になり)歯茎の隙間である「ブラックトライアングル」が目立つようになるケース
    (2) 前歯を抜歯して歯列矯正治療を行うケースでは、並べる歯が少なくなる分、抜歯しないケースと比較して 「ブラックトライアングル」が出来やすい傾向にあります。
    (3) ワイヤーによる歯列矯正治療は、骨吸収と骨形成という仕組みを使って歯を正しい位置に並べ替えるのですが、溶けた歯槽骨(骨吸収)が元の状態までは完全には再生されないために歯間乳頭が下がって「ブラックトライアングル」が形成されてしまいます。
    ※歯茎に優しい「ローフォース・ローフリクションテクニック」による矯正装置(当院では デーモン3デーモンクリアSTbリンガルクリアスナップ による歯列矯正治療が可能です)を使用することにより、必要以上に歯茎が低下することを防ぐことが可能ですので、「ブラックトライアングル」の起こる可能性・程度を抑えることが可能です。
    ※歯列矯正治療による「ブラックトライアングル」の形成は中高年ほど起こりやすいですが、20台後半といった若年層であっても日頃の歯磨き習慣などによって歯周病があるケースでは、同様に「ブラックトライアングル」になりやすい場合もあります。

ブラックトライアングル治療の必要性について

基本的に「ブラックトライアングル」は病気ではありませんので、放っておいても大きな問題を引き起こすわけではありません(ですので、治療は保険適用されず、全額自費負担となります)が、

  1. 審美的な問題
    見た目が悪く、程度によっては老けた印象を相手に与えてしまいます。また、歯列矯正治療によって「ブラックトライアングル」が形成された場合、「折角見た目をよくするために矯正したのに・・・」という心理的ストレスも
  2. 口腔衛生上の問題
    「ブラックトライアングル」に食べ物が挟まったり、歯ブラシが行き届かないことによる虫歯や歯周病のリスクが高くなること。また、このために歯間ブラシ等を使って丁寧なブラッシングが要求されるため面倒であること
  3. 発音の問題
    「ブラックトライアングル」の程度が大きい場合は、隙間から空気が漏れてしまい、発音が不明瞭になってしまうこと

といった問題から、最近では多くの方が「ブラックトライアングル」の治療を行い、お口元がよりイキイキと健康的に、そして、お顔の印象も若々しく変わっています。

  1. シグマ矯正歯科がオススメする『ヒアルロン酸を歯肉に注入』することでブラックトライアングルを改善する治療方法について

  2. その他のブラックトライアングルの治療法(参考情報)について

ヒアルロン酸症例ご案内

ヒアルロン酸症例 ヒアルロン酸症例