mail相談 web予約
0120-30-1358
キービジュアル

menu

後戻り矯正をお考えの方へ!後戻りの原因や対処法などを解説

後戻り矯正の原因・対処法とは?

後戻りは、矯正で整えた歯並びが以前の状態に戻ってしまうことをいいます。歯列矯正には安いとはいえない費用と長い期間がかかるため、歯並びが再び悪くなってしまうのは困りものです。後戻りを防ぐためにも、事前に原因や対処法を把握しておきましょう。

この記事では、目立たない・見えない矯正をご提供する東京のシグマ矯正歯科が、後戻りの原因や対処法について解説します。東京のシグマ矯正歯科では、後戻りに関するご相談にも対応しておりますので、お気軽にご相談ください。

後戻り矯正は必要?歯の位置が変わる原因やリテーナーの保定期間

歯列矯正が終わってすぐの時期は、まだ歯の状態が安定していません。後戻りは、まだ完全に固定されていない歯が、以前の位置に戻ってしまう状態を指します。

後戻りは、人によって様々な原因があります。ここでは、後戻りが起きる原因の一つである親知らずについてと、リテーナーをつける期間について解説いたします。

【後戻り矯正】親知らずも原因の一つ

頬に手を当てている人

歯列矯正後の後戻りが起きる原因は、いくつか考えられます。
例えば、歯を内側から舌で押す癖があると、歯列矯正後の歯が次第に前に出て出っ歯のような形で固定されてしまいます。また、歯を食いしばる癖があったり噛む力が強かったりするために、歯の向きが傾いてしまうということもあります。

様々な原因のなかでも特に注意したいのは、親知らずが原因で起きてしまう後戻りです。親知らずはまっすぐ生えることができず、斜めになったり横向きに生えたりすることがあります。すると親知らずの部分から力がかかって、歯が全体的に押されてしまいます。

そのため、歯列矯正をするにあたって、まず親知らずを抜歯するケースは少なくありません。親知らずは生え方によっては、ほかの歯を押すなどして口腔内全体に負担をかけてしまいますし、口腔内に痛みが生じることもあります。また、親知らずの影響で起きる口内炎や智歯周囲炎といったトラブルもあります。
親知らずの抜歯をしてしまえば、口腔内に余裕が生まれます。ある程度余裕がある状態から歯列矯正を始めれば歯が圧迫されにくいため、歯列も綺麗に整うのです。

親知らずがほかの歯を圧迫するようなことがなければ、抜歯をする必要はありません。ただし、親知らずが原因で後戻りが起きるなど口腔内トラブルにつながる場合には、歯列矯正後であっても親知らずの抜歯を検討するのがおすすめです。
親知らずの抜歯が必要か否かは、人によって異なります。抜いたほうがいいかわからない、後戻りしないか不安という場合は、事前に歯科医師へ相談するようにしましょう。

【後戻り矯正】リテーナーとは?どのくらいの期間つける?

リテーナー

リテーナーは保定装置とも呼ばれる器具で、矯正後の歯並びを安定させるために必須のアイテムです。矯正中は少しずつ歯が動いていくため、矯正直後でもまだ歯の位置や顎の骨が安定していない場合があります。この状態のまま何もしないでいると、歯が動いて位置が変わってしまうことがあるため、顎が安定して歯並びが固定されるまでは、リテーナーをつけておくことが肝心です。

しかし、ワイヤーやマウスピースなどの矯正器具を外したあとは、矯正が終わったからとアフターケアをおろそかにしてしまうケースがよくあります。
終わったからと気を抜いてしまうと、せっかく治した歯並びが再びずれて後戻りが起きやすくなってしまうのです。理想的な歯並びを目指すなら、歯科医師の指示通りにリテーナーを装着するようにしましょう。

リテーナーを装着すべき期間は、どのような矯正をしたか、何歳の患者かによっても異なります。多くの場合は1~3年程度、リテーナーをつけ続ける必要があります。

特に矯正後1年間はまだ歯が固定されていないため、日中の間はできるだけつけ続けるのが理想です。2年目以降の期間には就寝時のみなど、つけやすい時間帯を選んで使っても問題はありません。
リテーナーにはワイヤーで固定するタイプや、マウスピースタイプなどがあります。目立たない・扱いやすいリテーナーを使いたいのなら、マウスピース型のものを選ぶとよいでしょう。

リテーナーはあくまで歯を固定するための器具であり、歯を動かす目的には使用しません。そのため、装着し続けても大きな痛みが出ることはほとんどないので安心して利用できます。

矯正の後戻りは自力でなんとかできる?対処法も解説

歯並びを矯正しても後戻りした場合は、再度矯正する必要があります。とはいえ、安いとはいえない費用をかけて、長期間装置をつけて矯正し、やっと器具が外れたという状態から再び矯正を開始することを面倒に感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ここでは、後戻りは自力で治せるのか、起こってしまった場合の対処法について解説します。

矯正の後戻りは歯科医師への相談が必須!

歯科医師

決して安いわけではない費用と長い期間をかけて矯正しているため、後戻りは自力でなんとかできないか考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。結論から先にいうと、自力で後戻りを治そうとするのはおすすめできません。

そもそも後戻りは、整えた歯が以前の位置に戻ろうと動いたために起こるものです。整えた位置に戻るように歯を動かせば、自力でも治せると思えるでしょう。
確かに、矯正直後はまだ歯の位置が固定されていないため、自分で歯を長時間押し続けていれば、歯並びに影響する場合もあります。しかし、自力で歯を押したり動かそうとしたりするのはおすすめできません。

歯に力をかけて押し込んでいると、歯や顎に負担がかかって歯がぐらついてしまうことがあります。すると、歯の寿命が縮んでしまい、歯の脱落などが起きるケースがあります。
また、かえって歯並びが悪くなってしまうというリスクも考えられます。歯を無計画に動かそうと押し込んだ結果、歯が理想的な位置からずれて全体の噛み合わせが悪くなってしまうケースも多いのです。問題のない歯が動いてしまって、歯並びが悪化してしまう可能性も考えられるので注意しましょう。

不安定な状態になっていた歯や顎は、時間経過とともにしっかりと安定していきます。後戻りが起きたときに放置したり自分で治そうとしたりすると、望んでいない位置で歯が固定されてしまう可能性もあります。
自力で治そうとして歯や顎にダメージが及ぶのを防ぐためにも、早めに歯科医師に相談するのがおすすめです。後戻り矯正は一から矯正を始めるよりも短期間・安い費用でできるため、放置せずに対処することが大切です。

【後戻り矯正】隙間ができた時の対処法

問診をしている人

歯列矯正を行ったあと、後戻りが原因で歯の間に隙間ができてしまうことがあります。特に、抜歯をしてから矯正を行った場合に起こりやすいです。
隙間ができる原因として、指示されたとおりにリテーナーを装着していない、舌の癖で押してしまうといったことが考えられます。リテーナーを指示どおり装着できていれば、後戻りは防ぐことができます。

なんらかの原因で後戻りによる歯の隙間ができてしまっても、治すことが可能です。少しの隙間であればリテーナーで調整できます。歯科医師に後戻りについて相談し、リテーナーを調整してもらいましょう。装着しているうちに少しずつ隙間が閉じて、歯並びが整っていきます。

リテーナーやマウスピースで簡易的に対処できればいいですが、場合によっては改善が期待できないこともあるでしょう。
かなりの隙間ができてしまった場合には、再矯正が必要となります。再矯正の場合も通常の矯正と同じく、マウスピースを使用したり、部分的にワイヤーを取りつけたりして対応します。

全体的に矯正するよりも比較的短期間・安い費用でできるため、面倒だと思わずにまずは相談することが大切です。東京で歯列矯正後の後戻りにお悩みの方も、シグマ矯正歯科へご相談ください。
シグマ矯正歯科では、後戻りした歯の再矯正プランもご提供しております。後戻りによる歯の隙間、嚙み合わせの悪さなどが気になるという方は、お気軽にお問い合わせください。

後戻り矯正にも対応する東京の矯正歯科をお探しなら!目立たないマウスピース矯正も

後戻りに気づいたら、放置せずにしっかりと治すようにしましょう。後戻り矯正は一から矯正を始めるよりも短期間、安い費用でできるため、早めに対処することがおすすめです。

東京で後戻り矯正をお考えなら、シグマ矯正歯科へご相談ください。シグマ矯正歯科は、歯の裏側に装置をつける見えない矯正、透明のマウスピース型矯正装置(アソアライナー)を利用した目立たない矯正など、様々な矯正に対応しております。
後戻り矯正はそう何年もかかるわけではなく、目立たない装置でも治すことができます。不本意な状態で歯が固定されることがないよう、早めにご相談ください。

後戻り矯正をお考えならシグマ矯正歯科にご相談ください

医院名 シグマ矯正歯科
院長名 貞永 嘉浩
住所 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1丁目35−3 toDOe代々木6F
TEL 0120-30-1358
診療時間 11:00 ~ 19:00 ※土曜日の診療は10:00~17:00となります。
昼休みは、13:00 ~ 14:00です。
休診日 水・日・祝
最寄駅 JR 代々木駅北口、都営大江戸線 A3 出口(出て左側のビル。1階がローソン)
「代々木駅」から徒歩15秒
※当院には自転車置場がございません。恐れ入りますが自転車でお越しの際には駅周辺の駐輪場をご利用の上徒歩でお越しください。
URL https://www.sigma-kyousei.net/

初診個別「無料」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

0120-30-1358

24時間WEB予約 メール相談

〒151-0053
東京都渋谷区代々木1-35-3
toDOe代々木6F

〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-35-3 toDOe代々木6F
JR 代々木駅北口、都営大江戸線 A3 出口(出て左側のビル。1階がローソン

スタッフ スタッフ
フリーダイヤル 0120-30-1358

pagetop