ヒアルロン酸を使わない「ブラックトライアングル」治療法

mail相談 web予約
0120-30-1358
キービジュアル

menu

ヒアルロン酸を使わない治療法

シグマ矯正歯科では、「ブラックトライアングル」の治療に、『ヒアルロン酸を歯肉に注入する方法』をお勧めしていますが、ここでは、他にどんな治療法があるのか?について説明いたします。

ラミネートベニアを使用

ラミネートベニアとは、変色してしまった歯を白く見せるために審美歯科治療で行われる治療法で、歯の表面を少し削って、そこに薄いセラミックのシェルと呼ばれるラミネートベニアをつけます。
女性の方であれば「付け爪」を想像いただければわかりやすいかもしれません。
このラミネートベニアを「ブラックトライアングル」を埋めるように貼り付ける方法です。
※「ブラックトライアングル」のためだけに健康な歯の半分以上程度を削ってしまうのは、という疑問点もあります。

セラミッククラウンを使用

セラミッククラウンとは、汚れがつきにくく変色しない陶器製(セラミック)の冠(被せ物)を歯に被せる方法を使って「ブラックトライアングル」を埋める方法です。
※陶器製ですので割れやすい割に値段も高いということや、そもそも、「ブラックトライアングル」のためだけに健康な歯の半分以上程度を削ってしまうのは、という疑問点もあります。

コンポジットレジンを使用

コンポジットレジンとは、虫歯の治療後や欠けた歯の治療に使われる歯科用プラスチックのことです。
単に「レジン」と呼ばれることもあります。
欠けた歯の修復と同様に、∇になっている歯の下の部分に使用して形を□に近くすることで「ブラックトライアングル」を埋める方法です。

ConCool リペリオ(ウェルテック)を使用

ConCoolリペリオとは、歯肉活性化歯磨き剤ですが、効果が実証されているものでないため、その効果の程は不明です。

ストリッピングをする

ストリッピングとは、∇になっている歯の上部の両(片)端部分を少し削り、歯と歯の間を寄せることで 「ブラックトライアングル」を埋める(または小さくして目立たないようにする)方法です。
上下のどちらか一方に 「ブラックトライアングル」がある場合でも咬合バランスを維持するために上下両方の健康な歯を削らなければならないこと、元々歯が小さい方には適用できなかったり、歯の削れる部分にも限界があるため、どんな場合でも可能な治療法ではありません。

正しいブラッシングやマッサージをする

極めて 「ブラックトライアングル」が小さい(1~2mm程度)場合で、若年層の場合にのみしか使えない治療法ですが、SSSサイズの極細の歯間ブラシを使った週1回のケアなどによって回復する場合があります。

歯の角度を調整する

「ブラックトライアングル」を形成する歯と歯の間が狭くなるように、歯の生えている角度を少し変えて、隣り合った歯と歯を寄せることで「ブラックトライアングル」を目立たなくする方法です。
歯を傾けることになるため、程度が極めて軽微なケースに限られます。

外科手術による歯槽骨や歯茎の移植

歯茎であれば上顎の天井部分等から歯茎を、歯槽骨であれば腰や顎から骨を切除し、ブラックトライアングル部分に移植する方法です。
「ブラックトライアングル」の治療で、歯茎や歯槽骨を移植しても時の経過によってまた戻ってしまうことも多く、それに対して痛みやリスクの伴う外科手術まで行うのは、という懸念点もあります。

初診個別「無料」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

0120-30-1358

24時間WEB予約 メール相談

〒151-0053
東京都渋谷区代々木1-35-3
toDOe代々木6F

〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-35-3 toDOe代々木6F
JR 代々木駅北口、都営大江戸線 A3 出口(出て左側のビル。1階がローソン

スタッフ スタッフ
フリーダイヤル 0120-30-1358

pagetop