フリーダイヤル:0120-30-1358

  • web予約
  • メール相談

【後戻り矯正】歯列矯正の年代別ポイント 目立たない矯正なら東京のシグマ矯正歯科

これまで歯列矯正は子供が受けるイメージの歯科治療でしたが、整った歯並びは笑顔を魅力的にし、口腔内の衛生面を保ちやすいという理由から大人の受診率も伸びてきました。ところが、歯というものは基本的に全く同じ場所に留まっていることはありません。

特に、歯列矯正によって移動させた歯は、その後何もしなければ元の位置に戻ろうとするため、後戻り矯正が必要になる場合もあります。「歯列矯正は意味のない治療なのか?」というとそうではなく、大切なのはその年齢に合った治療内容の選択です。どう治すかによって、年齢別に歯列矯正の後戻り防止策は違ってきます。

そこで、この記事では年代別でみる適切な歯列矯正の選択と矯正のポイントについて、東京のシグマ矯正歯科がまとめてみました。

年代別で異なる歯列矯正の適切な選択

歯の模型

小学生の子供の場合

7歳から11歳の小学生は歯が生え変わる混合歯列期に入るので、前歯が並んでいない場合は、部分矯正を望まれる傾向が多いです。

歯列矯正のタイミングとしては最も適しているといえますが、顎の発育も盛んであるため、この場合は小児矯正で顎を広げて歯を並べる治療が優先となります。

なお、この年代では取り外しできる矯正装置を使うことが多いので、目立たない装置を用いた治療も可能です。

中学生になってからの場合

12歳から20歳未満でも部分矯正の希望はあるものの、親御さんが矯正をしていた場合は「全体矯正で治療できないか?」という要望のほうが多いです。20歳未満の学生時代は社会に出るまでに時間がありますので、歯列全体を綺麗にしておくのによいタイミングといえます。

特にこの年代は歯の生え変わりも済んでいるので、ローテーションの改善に目立たないマウスピース型の矯正装置が使われます。

20代~30代の場合

社会に出ると金銭的に余裕がでるため、歯列矯正を希望する方が増えます。しかし、時間的にゆとりがない場合は、全体矯正をしたくても「部分矯正ができないか?」と相談する方も増えます。

この場合は、後で全体矯正に変更できるような部分矯正を開始しておくことで、全体矯正へ移行しやすいタイミングを提案できます。これにより、本人の要望にできるだけ応えることができます。

40代以降の場合

過去に全体矯正をしていても、年齢を重ねるごとに微妙な歯並びの変化に気づく方は少なくないと思います。そのため40代以降からは、後戻り矯正を希望する方が多くなる傾向にあります。ただ、この40代以降は歯周病が気になる年代でもありますので、口腔内の健康状態を客観的に知ったうえで、歯科医師と後戻り矯正のプランを立てるのが望ましいでしょう。

東京都豊島区、代々木駅から徒歩15秒の場所にあるシグマ矯正歯科は、全身の骨格バランスを考えた歯列矯正に対応しています。後戻りしにくい矯正治療プランをご提案いたしますので、お気軽にご相談ください。後戻り矯正を希望する方には、後戻りした歯の再矯正プランをご案内いたします。

後戻り矯正ではなく40代50代から始める歯列矯正

手のひらに浮かぶ歯のイラスト

後戻り矯正ではなく、40代以降から歯列矯正を始める場合は、まず自身の歯の状態を確認します。すべてが健康な歯であれば、そのまま問題なく矯正できるでしょう。

しかし、ある程度の年齢になると噛む力はあっても、歯周病の進行や奥歯の抜歯などが原因で、その力を受け止める歯や歯茎の骨が弱くなることがあります。

そうなってしまうと、かみ合わせが全体的に悪くなってしまいますので、虫歯や歯周病がある場合は、それらの治療が優先となります。

歯肉が下がって目立つ「ブラックトライアングル」

ブラックトライアングルとは、歯と歯の間と歯肉に囲まれた部分にできる黒い隙間のことです。前歯の形は下のほうが狭くなっていて、加齢とともに歯を支える歯槽骨や歯肉の高さが低くなると、前歯にブラックトライアングルが形成されてしまいます。

ブラックトライアングルは歯列矯正によって形成される場合もありますので、この場合は後戻り矯正ではなくヒアルロン酸を歯肉に注入する治療、または歯の角度を調整する治療を提案します。

※ブラックトライアングル治療は健康保険適用外で、全額自費負担となります。

目立たない矯正・後戻り矯正なら東京のシグマ矯正歯科

東京都にあるシグマ矯正歯科が、年代別でみる適切な歯列矯正の選択と矯正のポイントを説明いたしました。

東京で目立たない矯正・後戻り矯正をご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。患者様のニーズに合わせた矯正装置、矯正治療プランをご用意しています。

目立たない矯正や後戻り矯正に関するお問い合わせはシグマ矯正歯科へ

医院名 シグマ矯正歯科
院長名 貞永 嘉浩
住所 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-35-3 toDOe代々木6F
TEL 0120-30-1358
診療時間 11:00 ~ 19:00 ※土曜日の診療は 10:00~17:00 となります。
休診日 水・日・祝
最寄駅 「代々木駅」から徒歩15秒
備考 当院には自転車置場がございません。
恐れ入りますが駅周辺の駐輪場または、公共の交通機関をご利用ください。
URL https://www.sigma-kyousei.net/

初診個別無料相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。 ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • web予約
  • メール相談

電話での問い合わせ

電話0120-30-1358

医院の住所

〒151-0053
東京都渋谷区代々木1-35-3 toDOe代々木6F

診療時間
11:00 ~ 19:00 --
10:00 ~ 17:00 -----
休診日 日曜日・水曜日/祝日

※土曜日の診療は 10:00~17:00 となります。
※昼休みは 13:00~14:00 となります。

このページの先頭に戻る