シグマ矯正歯科院長ブログ | 前歯矯正に興味のある方はシグマ矯正歯科へ | 東京で前歯矯正をお考えなら

web予約
0120-30-1358
キービジュアル

menu

不正咬合の原因パート3

2023年9月28日

こんにちは貞永です。

下顎の口唇のすぐ下に、力むとき梅干し状の皺になる部分をオトガイと言います。
そのオトガイを動かしている小さな筋肉をオトガイ筋といいます。
この部分が緊張することにより以下のことが起こります。

  1. 顎が緊張で凹んで鼻と顎先を結んだライン→Eラインが悪化する。
  2. オトガイに押されて下の歯がガタガタになる。
  3. オトガイの緊張により、下顎全体が後ろに引かれる力が作用し上顎に対して下顎が後ろにズレていく。
  4. 下顎の歯茎が押されて下の前歯を支えている骨が減ってしまう。
  5. オトガイに押された下唇が上の前歯の裏側に強く当たって上の前歯を押し出して前突させてしまう。
  6. オトガイに押された下唇が上の前歯の表側に強く当たって上の前歯を後ろに押し込んで歯を極端に内向きに引っ込めてしまい、引っ込められた前歯の歯根の先端が前に飛び出してしまう。

 

小さな筋肉の緊張が長期的に続くことにより、歯並びや噛み合わせに大きな影響をあたえてしまいます。
シグマではオトガイの緊張をなくすことにより、より良い矯正にしていく努力をしております。
今日も治療をより快適に、より身近にをモットーに、シグマ矯正歯科は患者さんの診療を行なっております。

それではまた。

不正咬合の原因パート2

2023年9月26日

こんにちは!シグマ矯正歯科 院長の貞永です。
ブログ第二回目になります。
さて、不正咬合の原因といえば一般的に、

  1. 顎が小さい!
  2. 歯が大きい!
  3. 親知らずが生えてきたから!
    etc.などですが、今回は不正咬合の種類別に分類していきます。

 

まず、大きく二つに分けて
歯並び顎のズレ
に分けられます。

歯並びには歯が重なってガタガタしているのと隙間がある場合があります。

顎のズレは上下にずれている場合はオープンバイトかディープバイト、前後にずれている場合は受け口か上顎前突、左右にずれている場合は左右非対称や奥歯のクロスバイトとなります。

ほとんどの場合顎のズレと歯並びの両方が関連している場合が多いです。

 

例えば、
反対咬合1:前後の顎のズレたことにより、上の前歯の隙間と下の前歯の重なりを発生する!というケース

反対咬合2:上の前歯が重なって引っ込んでしまって、下の歯がずらっと前に向かって並んでいるので、噛み合おうとするために仕方なく顎が前後にずれてしまったケース

というように顎のズレと歯並び両方が関連してくるのです。

 

歯の大きさは遺伝的な要素が強く、顎の大きさは後天的な環境に影響受けやすいので、歯並びや噛み合わせの変化はさまざまな形で現れてくると言われています!

余談ですが、最近はお子様たちの脳の大きさが特に前頭葉が発達している方が多いらしく、それに伴って前顔面部の顎のサイズを小さくしてバランスを取る形になってきているという説を聞いたことがあります。顎のサイズだけでなく歯の数が少ない方もいらっしゃると思いますが、これも発生学的には前顔面の重量のバランスを取るためにそうなっていると解剖の先生のお話でうかがった記憶があります。

実際そのような場合の治療法ですが、
歯の大きさに関しては、少し削って小さくしたり、抜歯したりして治療が行われますが、顎の位置や大きさは小児期からの習慣改善が有効です。成長期以降の場合でもよくない方に変化が緩やかに起こるので、その方に合わせた習慣改善が行われているのが治療現場の現状だと言えるでしょう。

言い換えると、歯並びは矯正歯科が主導で治せるけれども、顎のズレは患者さんにいかに上手く習慣改善を促せるかによって決まってくるといえます。

とはいえ、無意識の習慣を変えるのはとても困難なので、シグマ矯正歯科だけでなくそれぞれの先生方がそれぞれのやり方で熱心に取り組んでいらっしゃる事と思います。

シグマ矯正歯科に通ってくださっている方に、できるだけ楽をしてきれいになってもらいたいと毎日願って治療を行なっております。

より早く、より目立たず、より安価に!矯正治療をもっと身近なものにしたいシグマ矯正歯科 院長 貞永でした。

不正咬合の原因パート1

2023年9月25日

歯牙接触症(TCH)


食いしばりや歯軋りの原因とも言われているが、その原因は院長 貞永の診断では姿勢からくるストレートネックが多い。
次に、口内の陰圧をキープしてしまう吸啜行為により舌や頬の内側の粘膜にスジ状の歯の凸凹がくっきりとついてしまう吸啜症(正式な名前はない?)の方もTCHを伴っている方が多い。
一日のうち上下の奥歯の接触時間は、5分から15分が正常値であると各種文献で読んだことがある。
TCH(トゥース・コンタクト・ハビット)の方は10〜20時間よわ〜く接触させているのだ。
これにより奥歯が沈み込むようにめり込み、奥歯よりも前歯が先に早期接触して、外傷性に動揺してしまう。
それだけはなく、上の前歯のすきっ歯や下の前歯のガタガタを起こしたり、ディープバイトの深い噛み合わせになっていることが多い。
一般歯科分野では奥歯の虫歯や歯周炎の原因の一部となっているとも言われている。
TCHが矯正の原因となっている方に、習慣改善のお手伝いをしてより良い矯正にし、後戻りのない矯正治療を目指したいと思っている。

初診個別「無料」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

無料初診カウンセリング

〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-35-3 toDOe代々木6F
JR 代々木駅北口、都営大江戸線 A3 出口(出て左側のビル。1階がローソン

スタッフ スタッフ
フリーダイヤル 0120-30-1358

pagetop